フォト

最近のトラックバック

山小屋の食事

2019年10月 4日 (金)

北沢峠・こもれび山荘の食事

 こもれび山荘は、南アルプス北部の北沢峠バス停前に建つ山小屋です。 以前は「長衛荘」と呼ばれていましたが、2014年頃に名称が「こもれび山荘」に変わり、その後改装され、食事内容も変わったようです。 以前の雰囲気とはまったく異なり、お洒落になっていました。 「長衛荘」と呼ばれていた時代の記録は、こちらです。

 

Y2019092400
外観もお洒落になっていました

 

Y2019092402
1階蚕棚の上の段の写真です。 一人ずつカーテンで仕切ることができます。 2階は仕切なしの大部屋のようです。

 

Y2019092403_20191003212401
夕食メニュー

 

Y2019092405
2019年9月24日の夕食 (17:00)

 

Y2019092406
あとから鶏肉が運ばれてきました

 

Y2019092501
翌日の朝食は、4:45~6:00の好きな時間に食べられます

 

Y2019092502
食器は紙でした

 

2019年9月26日 (木)

上高地・西糸屋山荘(別館)の食事

 西糸屋山荘は、一般的な旅館のような本館と、リーズナブルな登山者用の別館があります。 大浴場、売店、喫茶室などの共用設備はどちらからでも利用可能ですが、食事内容は異なります。 別館の部屋は、8人の相部屋(2段ベッド4人+和室4人)が基本ですが、貸切(個室)も可能です。 私たち2名は、今回、貸切(個室)でお願いしましたが、山小屋の相部屋料金とそれほど変わりはありませんでした。  →Googleインドアビューで見る

 

 

Y2019090900
別館の玄関は、本館の先にあります。 

 

Y2019090901
2019年9月9日の夕食 (18:00)  これに、お吸い物が付きました。 美味しかったです。

 

Y2019090902
翌日の朝食 (7:00) 美味しかったです。

 

2019年9月23日 (月)

槍ヶ岳山荘の食事

 槍ヶ岳山荘は、槍ヶ岳の頂上直下に建つ大規模な山小屋です。 山小屋のサイトによれば定員は400人となっていますが、収容人員650人という情報もあります。

 

Y2019090803
東鎌尾根の終盤から見た槍ヶ岳山荘

 

Y2019090804
2019年9月8日の夕食 (17:00)

 

Y2019090805
翌日の朝食 (5:00)

 

  

 

以下は2018年に宿泊した時の記録です。

 

Y2018072500

 

 

Y2018072501
北鎌尾根で疲労したため、6人部屋個室(8畳)をとりました

 

Y2018072502
2018年7月25日の夕食 (2回目 17:40)

 

Y2018072503
翌日の朝食 (5:00)

 

 

 

以下は2015年に宿泊した時の記録です。

 

Y2015072200

 

 

Y2015072201
昼のラーメンを食べ、南岳に向かいましたが、降雨強雨風のため引き返し、宿泊を決めました。

 

Y2015072202
混んでいました

 

Y2015072203
2015年7月22日の夕食 (17:00)

 

Y2015072204
翌日の朝食 (5:00)

 

2019年9月22日 (日)

大天荘の食事

 大天荘は、北アルプスの大天井岳(おてんしょうだけ) の山頂直下にある山小屋です。 多くの登山者から支持されている燕山荘グループの山小屋であり、スタッフの対応、寝具、トイレ、売店など多くの面で満足できました。 また、肉か魚を選べる夕食にも驚きました。

 

Y2019090700
山頂への登山道から見た山小屋

 

Y2019090701
朝日に照らされた山小屋

 

Y2019090702
軽く、暖かく、臭くない寝具で、朝まで熟睡できました

 

Y2019090703
売店も充実しています

 

Y2019090704
2019年9月7日の夕食 (17:00) 肉はハンバーグでした

 

Y2019090705
魚は、サバの味噌煮

 

Y2019090706
翌日の朝食 (4:45)

 

 

2019年9月19日 (木)

中房温泉(本館)の食事

 中房温泉は北アルプス燕岳の登山口にあり、江戸時代から続く老舗の温泉宿です。 リーズナブルの本館と、温泉旅館並みの新館とあり、設備も食事も宿泊代も大きく違うようです。 ただ、温泉は共通でした。 

 

Y2019090600
予約時に、登山で利用する旨を伝えたら、本館を勧められました

 

Y2019090601
山小屋ではないため個室ですが、バス、トイレ、洗面は共用です

 

Y2019090602
本館の食堂

 

Y2019090603
2019年9月6日の夕食 (18:00)

 

Y2019090604
翌朝は早いので、朝食は弁当にして貰いました。 中味はおこわでした。

 

2019年8月15日 (木)

八峰キレット小屋の食事

八峰キレット小屋は、五竜岳と鹿島槍ヶ岳の間のギザギザとした岩稜帯の鞍部に建つ山小屋です。

Y2019080800

 

Y2019080801
就寝スペースは、1区画3畳の蚕棚。 この日の宿泊者は少なく、全員が1階で、余裕をもって寝られました。 我々2人でこの3畳スペースを使わせてもらいました。

 

2019年8月8日の夕食 (16:50)
Y2019080802

 

翌日の朝食 (4:50)
Y2019080803

 

唐松岳頂上山荘の食事

唐松岳頂上山荘は、後立山連峰の稜線上にあり、唐松岳に肩に建つ大きな山小屋です。

Y2019080700

 

Y2019080701
水曜日なのに相部屋が混んでいて、個室に変更しました。 紙の枕カバーが付きました。

 

2019年8月7日の夕食 (16:30)
Y2019080702

 

翌日の朝食 (5:00)
Y2019080703

 

 

 

以下は2010年8月に初めて泊まった時の記録です。

  

Y2010082000

 

2010年8月20日の夕食です。

Y2010082001

平日(金曜日)だったのでゆったりと過ごせましたが、夕食は2交替制でした。

2019年8月12日 (月)

雷鳥沢ヒュッテの食事

 雷鳥沢ヒュッテは、立山・雷鳥沢キャンプ場の室堂側に少し登った所にあります。 室堂ターミナルから1時間はかかりません。

 

Y2019080100
廃墟ではありません。 玄関は向こう側にあります。

 

Y2019080101
個室ですが、山小屋の個室ほど高くはありません。

 

2019年8月1日の夕食 (17:30)
Y2019080102

 

翌日の朝食 (6:00)
Y2019080103

 

池ノ平小屋の食事

 裏剱の展望で有名な池ノ平小屋は、剱岳の奥に位置し、1日では辿り着けない深い山奥にあります。

 

Y2019073100
石垣の手前の小屋は、お風呂です。 灯油で沸かしていました。

 

Y2019073101
この日の宿泊者は、我々3人だけだったので、ゆったりとした就寝スペースで、朝までぐっすり眠りました。

 

2019年7月31日の夕食 
Y2019073102
16時過ぎに到着後風呂にも入ったので、夕食は18:00にしていただきました。

 

翌日は早出だったので、弁当にしてもらいました。
Y2019073103
美味しかった

 

剣山荘の食事

 剣山荘は剱岳に最も近い山小屋です。 水洗トイレとシャワーがあり、快適です。

 

Y2019073000

 

Y2019073001
相部屋料金で、個室になりました

 

2019年7月30日の夕食 (17:00)
Y2019073002

 

翌日の朝食は、早出のため、弁当にしました。 
Y2019073003
スープ、お茶は、食堂に用意されていました。

 

より以前の記事一覧

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

秩父・多摩

無料ブログはココログ