フォト

最近のトラックバック

山小屋の食事

2017年10月26日 (木)

阿曽原温泉小屋の食事

 黒部峡谷の下ノ廊下(黒部ダム~旧日電歩道~水平歩道~欅平)に続く登山道の中間点にある、なくてはならぬ山小屋です。 冬期は雪崩で損壊するため、11月初旬には解体され、翌年初夏まで、資材を脇の廃トンネルに仕舞っておくそうです。

 

Y2017101500

 

布団はきれいでした
Y2017101501

 

2017年10月15日の夕食 (1回目17:30)
Y2017101502

 

翌日の朝食は弁当にしてもらい、電気が点く食堂で食べました
Y2017101503

 

2017年10月25日 (水)

ロッジくろよんの食事

 黒部ダム湖畔にある山小屋です。 扇沢からトロリーバスで16分の黒部ダム駅から、さらに徒歩で45分のところにあります。 個室が原則のようですが、私が宿泊した10月は、下ノ廊下を歩く登山者の前泊に利用されているため宿泊客が多く、相部屋になることが多いようです。 今回は6畳に3人の相部屋でした。

 

Y2017101400

 

2017年10月14日の夕食 (18:00)
Y2017101401

 

翌日の朝食は7時からだったので、弁当にしてもらい、部屋で食べてから出発しました。 
Y2017101402

 

2017年10月12日 (木)

尾瀬沼畔・長蔵小屋の食事

 尾瀬沼畔にたたずむ長蔵小屋は、昭和9年(1934年)築の歴史ある木造の建物です。長年磨き続けられた木の廊下が美しく黒光りしています。(長蔵小屋のWebサイトより)

 

Y2017100100

 

Y2017100101

 

Y2017100102
個室には炬燵がありました

 

2017年10月1日の夕食 (17:00)
Y2017100103

 

翌日の朝食は6時からだったので、弁当にしてもらい、早出しました
Y2017100201

 

大きな握り飯が2つ入っていました
Y2017100202

 

2017年6月 3日 (土)

剱御前小舎の食事

 剱岳から立山に続く稜線上の鞍部(別山乗越)にある山小屋です。 室堂からは、雷鳥沢キャンプ場から雷鳥沢や雷鳥坂を登り詰めたところにあります。 

Y2017052200

 

2017年5月22日の夕食
Y2017052201

 

23日は早出のため、朝食は弁当にしてもらいました
Y2017052301
カップスープはガイドさんのサービスです

 

連泊2日目(23日)の夕食
Y2017052302

 

翌日の朝食
Y2017052401

 

2017年4月18日 (火)

八方池山荘の食事

 白馬 八方尾根スキー場の最上部にある通年営業小屋です。 ゴンドラとリフト2本を乗り継いで、歩かずに辿り着けます。

Y2017040901

 

2017年4月9日の夕食
Y2017040902
左端は豆乳鍋です。 おかずの量が多く、ご飯のおかわりはしませんでした。

 

 翌日は早出のため、弁当にしてもらい、5時過ぎから食べました。 お茶とお湯は用意してくれました。 電気も点きますので山小屋という感じではありません。
Y2017041001

 

2017年2月18日 (土)

八ヶ岳・赤岳鉱泉の食事

南八ヶ岳で唯一の通年営業の山小屋です。

Y2017020900

 

 
2017年2月9日の夕食
Y2017020901
サンマの塩焼き、鶏肉の鍋物  イクラはサービス品です

 

朝食弁当
Y2017020902
ワンタンスープはガイドさんのサービスです。

 

 

 

以下は2016年3月に宿泊した時の写真です。

Y2016031600_2

 

2016年3月16日の夕食
Y2016031601_2
煮カツは卵とじにします

 

朝食
Y2016031701_2

 

 

 

以下は2013年3月に宿泊した時の写真です。 

Y2013031500

 

2013年3月15日の夕食
Y2013031501

 

翌日の朝食
Y2013031601

 

 

 

以下は2010年12月に初めて宿泊した時の写真です。

Lx3_p1080725

 

2010年12月16日の夕食
Lx3_p1080721

牛肉は自分で焼いて食べます。半ば凍っていますが、とても美味しいです。

 

翌日の朝食
Lx3_p1080723

 

2016年9月14日 (水)

船窪小屋の食事

 北アルプス・七倉岳(2509m)の稜線に建つ山小屋です。 お父さん、お母さんと呼ばれる松澤夫妻が長く営んでいて、手作りの美味しい料理がいただけます。 自家発電設備がないため、明かりはランプ、暖房は囲炉裏ですから、勿論食材を保存する冷蔵庫や冷凍庫もありません。 この山小屋をサポートするボランティアも多いようで、宿泊したこの日もそんなボランティアが新鮮な野菜を運んで登ってきました。 

 

Y2016090200

 

 山小屋には13時半ごろ到着したので、昼食にラーメンを注文しました。 出来上がりまで少し待ったのですが、美味しそうなラーメンが出てきました。

Y2016090201
 麺こそインスタントですが、炒め野菜、キクラゲ、ワカメに、温泉卵が落とされていて、大変美味しくいただきました。

 

Y2016090202
寝床

 

2016年9月2日の夕食 (17:00)

Y2016090204
前列:古代米、野菜山菜の天ぷら、生春巻き、冷奴
後列:野菜のマリネ、味噌汁、煮物

 

Y2016090203
食事風景

 

 

翌日の朝食 (5:00)

Y2016090205
メイン皿:温泉卵、黒豆、ハム、キャベツ、トマト、漬物、佃煮
白飯、小鉢(きゃらぶき)、味噌汁、のり

 

2016年9月13日 (火)

針ノ木小屋の食事

 扇沢から約5時間、針ノ木岳と蓮華岳の鞍部、標高2540mの針ノ木峠に建つ山小屋です。 南北の展望が開け、遠く八ヶ岳や富士山まで望めます。

 

Y2016090100
蓮華岳側(東側)から撮影 写真右側方向が針ノ木雪渓です

 

2016年9月1日(木)に宿泊しました。 空き部屋はありましたが、分散させず布団一人一枚で隙間なく割り当てられました。

Y2016090101

 

2016年9月1日の夕食 (17:30)

Y2016090102

 

翌日の朝食 (5:30)

Y2016090103

 

2016年8月19日 (金)

八ヶ岳・赤岳天望荘の食事

 バイキング形式の食事で評判が良い赤岳天望荘です。 通常は4月下旬から11月上旬までの営業ですが、厳冬期にも期間を限定して営業しています。 2014年は12月20日から約2か月間も営業しました。

 

Y2016081200

 

2016年8月12日の夕食 (17:30)

Y2016081201

 

翌日の朝食 (5:30)

Y2016081202

 

 

以下は、2014年12月に宿泊した時のリポートです。

B2014122200

 

2014年12月22日の夕食 宿泊者5人でもバイキングでした。

B2014122201

 

翌日の朝食 食堂が取り込んでいたので、談話室で朝食になりました。バイキングではありませんでした。

B2014122202

 

 

以下は、2009年に初めて宿泊した時のリポートです。

Y2009092600

 

2009年9月26日の夕食。何度もおかわりしました。

Y2009092601

食器は使い捨てのようでした。

 

翌日の朝食

Y2009092702

2016年8月16日 (火)

黒部五郎小舎の食事

 黒部五郎小舎は、三俣蓮華岳と黒部五郎岳との鞍部にある山小屋です。 水が豊富で、小屋の前では流水でリンゴやトマトが冷やされていました。

 

Y2016080600

 

Y2016080602
本日は土曜日、一人布団1枚でした

 

2016年8月6日、昼ごろ小屋に着いたので、ラーメンを注文しました。

Y2016080601

 

2016年8月6日の夕食(1回目17:00)

Y2016080603

 

翌日の朝食(4:30)

Y2016080604

 

より以前の記事一覧

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

秩父・多摩

無料ブログはココログ