フォト

最近のトラックバック

文化・芸術

2013年4月12日 (金)

柿葺落

B2013041003

 

 新歌舞伎座で最初の公演だけあって、どの演目も豪華な配役でした。悩んだ末に第2部のチケットを買いましたが、弁天小僧はお家芸の菊五郎が演じ、そして日本駄右衛門は元々團十郎が演じる予定でしたが、吉右衛門に変更になりました。

B2013041001

 

B2013041002

2012年3月17日 (土)

ジキル&ハイド

 ホリプロの上場廃止で、株主優待の半額チケットもこれが最後となりました。

 

B2012031500

 

B2012031501

 

 いつも良い席を、ありがとうございました。

2012年2月23日 (木)

中村勘九郎襲名披露

B2012022100

 

B2012022101

 

B2012022102

 

 今回は1階席を諦め、2階の一番良い席を取りました。

2011年12月19日 (月)

マリンバ・リサイタル

B2011121901

 

B2011121902

 

妻が受付のお手伝いに行ったので、ちょっと覗いてきました。

2011年9月 8日 (木)

ケアリイ・レイシェル

 ハワイアン音楽は結構好きで、車の中でも時々聞いています。

B2011090701

 

 お世話になっている歯医者さんが二曲踊りました。(~ ̄∇)~ ( ̄∇ ̄) ~(∇ ̄~)

2011年8月24日 (水)

八月花形歌舞伎

 久し振りに歌舞伎を観に行きました。八月の歌舞伎は怪談ものが多く、今年は「怪談乳房榎(ちぶさえのき)」でした。勘太郎の早替りが見どころでしたが、声や振りがお父さんとそっくりで驚きました。七之助と獅童は自分の世界があって、自由にやっているなという感じで楽しく見られました。

B2011082201

 

B2011082202

2011年7月 9日 (土)

ベッジ・パードン

 ロンドン留学時代の夏目漱石を描いた三谷幸喜作品。漱石の手紙から英国の生活を想像して三谷幸喜が脚本を起こしたのだと思いますが、共感できる部分が多く、楽しく見られました。

B2011070901

 

B2011070902

2011年6月14日 (火)

ブッダ

 頂いたチケットで映画「ブッダ」をみてきました。このところ「古事記」も読んでいて、神様と仏様の始まりを勉強しています。

B2011060301

 

B2011060302

 

 映画も漫画ですが、古事記も漫画です。

Lx3_p1100310

2011年5月18日 (水)

スウィーニー・トッド

ホリプロの株主優待(半値)で、青山劇場に行ってきました。

B2011051801

 

B2011051802

2011年3月24日 (木)

国民の映画

 原発事故は現在進行形、企業も家庭も総節電体制になっているこんなときに電気を大量に使う演劇?、と疑問符を持ちつつもパルコ劇場に行って参りました。渋谷の駅を降りるとなるほど暗くて静か。いつもと何が違うんだろうと見回すと、あの騒音甚だしかった巨大屋外ビジョンが全て消灯、デパートは東急も西武も6時で閉店しており、昭和50年代はこんな風景だったなと思い出しながら、人出の減ったスクランブル交差点を渡りました。

 主催者側も公演中止か続行か悩んだのでしょう。大震災当日の3月11日は休演、12~13日は開演、14日は休演、15日から開演しています。開演に先だって、三谷幸喜の公演続行を決めた苦悩の舞台挨拶がありました。

B2011032301

 内容は、ナチスドイツのプロパガンダ映画の製作にまつわる人間模様を描いたもので、淡々と3時間の演劇が進んで行きます。少し重たいテーマですが、それぞれの登場人物の揺れ動く気持ちがよく伝わってくる三谷幸喜らしい作品だと思いました。

B2011032302

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

秩父・多摩

無料ブログはココログ