フォト

最近のトラックバック

« 白馬会定例山行(鷹狩山 2023年8月25日、鍬ノ峰 2023年8月26日) | トップページ | プリンスルートから 平ヶ岳(2023年9月13日) »

2023年9月 7日 (木)

大峰山最高峰 八経ヶ岳(2023年9月2日)

 大峰山を歩くなら大峯奥駈道を縦走したいと思っていたのだが、日本百名山全山踏破を先ず終わらせたという気持ちに加え、大峯奥駈道縦走に必要な体力に不安があり、今回は大峰山最高峰の八経ヶ岳のみを日帰りで往復することにした。

 9月1日10時発の新幹線に乗り、京都で乗換え 近鉄特急で大和八木駅に降り立った。 レンタカーで、登山口まで最も近いところにある天川村川合の旅館「まえひら」に15j時頃に到着し、宿泊した。 翌日の登山当日は土曜日であったので、駐車場の混雑を予想し早朝5時に旅館を出発した。

  

行者還トンネル西口登山口(5:57)→奥駈道出合(7:01/7:11)→弁天ノ森(7:34)→聖宝ノ宿跡(8:05/8:15)→弥山小屋(9:09/9:14)→八経ヶ岳(9:45/10:00)→弥山小屋(10:25)→弥山(10:29/10:32)→弥山小屋(10:36/10:50)→聖宝ノ宿跡(11:35/11:42)→弁天ノ森(12:09)→奥駈道出合(11:31/11:40)→行者還トンネル西口登山口(13:29)

 

Yamap20230902
行者還トンネル西口の有料駐車場(1000円/日)から往復した

 

Tg5_p9021850
登山開始

 

Tg5_p9021852
沢を渡ると急登が始まる

 

Tg5_p9021857
荒れた急登

 

Tg5_p9021865
奥駈道に合流すると、緩い尾根歩きになった

 

Tg5_p9021866
美しい尾根道

 

Tg5_p9021875
ホコリタケ

 

Tg5_p9021884
聖宝ノ宿(しょうぼうのしゅく)跡、理源大師(りげんだいし)像

 

Tg5_p9021894
快適な尾根歩きを終え、弥山への急登が始まった

 

Tg5_p9021896
弥山小屋に到着

 

Tg5_p9021902
一息ついてから、八経ヶ岳(写真正面)に向かう

 

Tg5_p9021904
シカ除けネット帯を抜けると

 

Ip12_img_5531
八経ヶ岳 1914.9m

 

Ip12_img_5535
下山開始

 

Tg5_p9021925
弥山1895mでお参り

 

Tg5_p9021926
弥山小屋のベンチをお借りして大休憩

 

Tg5_p9021940
往路を引き返す

 

« 白馬会定例山行(鷹狩山 2023年8月25日、鍬ノ峰 2023年8月26日) | トップページ | プリンスルートから 平ヶ岳(2023年9月13日) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 白馬会定例山行(鷹狩山 2023年8月25日、鍬ノ峰 2023年8月26日) | トップページ | プリンスルートから 平ヶ岳(2023年9月13日) »

北関東・尾瀬・日光

西上州・信越

秩父・多摩

南関東

北アルプス・周辺

中央アルプス・八ヶ岳周辺