フォト

最近のトラックバック

« 伊豆・城山~葛城山(2023年4月16日) | トップページ | 法華院温泉山荘の食事 »

2023年4月28日 (金)

くじゅう連山(2023年4月22日~23日)

 大分県玖珠郡九重町(ここのえまち)と大分県竹田市久住町(くじゅうまち)の境界にあり九州の屋根と呼ばれるこの山塊を、深田久弥は九重山(くじゅうさん)と総称し、その主峰を久住山(くじゅうさん)と呼んだ。 最新の国土地理院の地形図では、くじゅう連山と平仮名で書かれ、その主峰は久住山となっている。 山塊の呼称を漢字で表記すると論争があるようだが、読みでは問題ないようだ。 国立公園の名称も「阿蘇くじゅう国立公園」となっている。

 4/21に大阪港からフェリーさんふらわあに乗船、翌朝7:45に別府港に着いた。 手配していたレンタカーで2時間弱、牧ノ戸峠の駐車場には10時前に着いた。 10:10発のコミュニティバスに乗って牧ノ戸峠から登山口である長者原(ちょうじゃばる)へ移動し、レストハウスで早い昼食を食べた。 この日は長者原から法華院温泉荘まで最短経路で行き、翌日主峰の久住山とくじゅう連山最高峰の中岳を巡って、牧ノ戸峠に下山する計画だ。

 

Yamap20230422

 

 

22日:長者原登山口(10:53)→雨ヶ池(12:25)→法華院温泉山荘(13:33)

 

Tg5_p4210158
大阪港から、大型フェリーさんふらわあ くれない(17,114トン)に乗船

 

Ip12s_img_5069
長者原(ちょうじゃばる)タデ原湿原から登山スタート

 

Tg5_p4220201
新緑の森をゆっくりと登る

 

Tg5_p4220209
雨ヶ池へと登りが続く

 

Tg5_p4220215
雨ヶ池

 

Tg5_p4220221
雨ヶ池を越えると、坊ガツル湿原が見えてくる

 

Tg5_p4220224
広く平坦な坊ガツルは、春に野焼きが行われている

 

Tg5_p4220232
法華院温泉山荘で宿泊

 

 

23日:法華院温泉山荘(7:49)→久住山避難小屋(9:36/9:46)→久住山(10:19/10:37)→中岳(11:27/11:33)→久住山避難小屋(12:20)→扇ヶ鼻分岐(13:03)→牧ノ戸峠登山口(14:05)

 

Tg5_p4230252
登山スタート

 

Tg5_p4230262
北千里ヶ浜

 

Tg5_p4230272
久住山避難小屋でトイレ休憩

 

Ip12h_img_3203
くじゅう連山主峰 久住山1786.5m

  

Ip12h_img_3202
久住山から、登ってきた谷を望む

 

Tg5_p4230299
御池の縁を辿り中岳へ

 

Tg5_p4230300
くじゅう連山最高峰 中岳1791m

 

Tg5_p4230308
中岳から見た御池、久住山(御池の左奥)

 

Tg5_p4230315
中岳から下山

 

Tg5_p4230325
西千里ヶ浜

 

Tg5_p4230347
舗装路になると、間もなく牧ノ戸峠に着いた

 

 牧ノ戸峠から1時間半で休暇村南阿蘇に到着。 2連泊して祖母山と阿蘇山を登る予定だったが、帰京日の天気が思わしくないので、祖母山だけで終了する見通しだった。
(翌日の山行記録はこちら

 

« 伊豆・城山~葛城山(2023年4月16日) | トップページ | 法華院温泉山荘の食事 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 伊豆・城山~葛城山(2023年4月16日) | トップページ | 法華院温泉山荘の食事 »

北関東・尾瀬・日光

西上州・信越

秩父・多摩

南関東

北アルプス・周辺

中央アルプス・八ヶ岳周辺