フォト

最近のトラックバック

« 2022年9月 | トップページ | 2022年11月 »

2022年10月28日 (金)

北アルプス 薬師岳山荘の食事

 薬師岳山荘は、北アルプス薬師岳の山頂直下の山小屋です。 薬師岳山頂まで約1時間の近さで、朝食前に御来光登山をする人もいるようです。 敢えて「北アルプス」と冠して書いたのは、南アルプス鳳凰三山にある薬師ヶ岳直下の薬師岳小屋との混同を防ぐためです。

 

Y2022100800
2010年に改築された

 

Y2022100801
受付

 

Y2022100802
寝室(コロナ感染予防の為、シュラフorインナーシーツorシュラフカバー等の持参が必要)

 

Y2022100803
2022年10月8日の夕食(1回目17:00、2回目17:40)

 

Y2022100901
翌日の朝食 (5:30)

 

 

 

2022年10月15日 (土)

薬師岳(2022年10月8日~9日)

  薬師岳は、かつて立山からの縦走登山を計画したが、雨天その他の理由で度々中止となった。 そのため、折立からの往復登山に切り替えて8月に計画したが、またしても雨天のため白山に転進せざるを得なかった。 今回も雨模様だったが、登頂日の朝は晴れる予報だったので、登山を強行することにした。

 前日(7日)の朝、自宅を出発して、関越道~上信越道~北陸道と走って、富山のビジネスホテルに17時頃に着いた。 チェックイン後、駅ビルで地物の寿司定食を食べ、翌日からの鋭気を養った。

 ホテルを5時に出発、コンビニで食料を調達し、有峰林道の入口ゲートに5:57に着いた。 ゲートは定刻の6時に開き、折立の駐車場に6:40に着いた。 折立は土砂降りで、徐々に快方に向かう予報だったので、出発を遅らせて7:30頃に出発することにした。

 

8日:折立登山口(7:38)→三角点(9:36/9:44)→五光岩ベンチ(11:23/11:30)→太郎平小屋(12:25/12:51)→薬師岳山荘(15:26)

 

Mic_221014_0
雨の中、不安な気持ちで登山開始

 

Tg5_pa081331
滑らないよう慎重に

 

Tg5_pa081336
ゴゼンタチバナ

 

Tg5_pa081350
シラタマノキ

 

Tg5_pa081352
雨の薬師峠キャンプ場は、テント2張だけ

 

Bes_img_6084
山小屋到着

 

Ip12_img_2329
山小屋でひと休みすると、雨が止み、槍ヶ岳が見えてきた

 

Tg5_pa081381
夕食前には、青空が広がった

 

 

9日:薬師岳山荘(6:13)→薬師岳(7:17/7:38)→薬師岳山荘(8:23/8:50)→薬師峠キャンプ場(10:15/10:27)→太郎平小屋(10:53/11:14)→五光岩ベンチ(12:02/12:13)→→三角点(13:32/13:37)→折立登山口(15:08)

 

Tg5_pa091393
朝の槍穂高連峰

 

Tg5_pa091398
山小屋に荷物を置いて山頂を目指す

 

Tg5_pa091401
寒い

 

Tg5_pa091409
山頂は、山小屋から見えていたピークの奥だった

 

Tg5_pa091418
山小屋から1時間でやっと登頂

 

Ip12_img_2335
剱岳、立山連峰とカール

 

Ip12_img_2337
槍穂高連峰

 

Tg5_pa091428
薬師岳山荘へ戻る

 

Tg5_pa091465
太郎平小屋へ

 

Tg5_pa091474
太郎平小屋から折立へ

 

Tg5_pa091482
ヤマハハコ

 

Tg5_pa091488
雨が降ってきた

 

Tg5_pa091492
下山

 

 

2022年10月 3日 (月)

山梨百名山 鶏冠山(とさかやま,2022年9月30日)

 山梨百名山の中で「鶏冠山」と書く山は二座存在する。 一座は大菩薩の北側あって「けいかんざん」と読み、もう一座は甲武信ヶ岳の南側にあって「とさかやま」と読む。 いずれの山もその名の通りトサカのような山容で、前者は2014年2018年に登っているが、後者は一般登山道が無いため登れないままでいた。 

 今回は、北アルプス・奥又白池から前穂北尾根を越えて涸沢へ行くバリエーションルートのガイド登山を2泊3日で計画していたのだが、天候が安定せず、鶏冠山(とさかやま2115m)への日帰り登山に変更してもらった。 鶏冠山は、昭文社の山地図や地理院地図には登山道が存在しないのだが、山梨百名山に選定されているため、一定数の上級登山者によって登られている。 自分もいつかはと思っていたところ、天候により思わぬチャンスがやってきた。

 

西沢渓谷無料P(8:56)→二股橋(9:22)→鶏冠谷出合(9:29/9:44)→第三岩峰(13:02)→鶏冠山(13:50/14:06)→第三岩峰迂回路分岐(14:28)→鶏冠谷出合(17:20/17:30)→二股橋(17:40)→西沢渓谷無料P(18:08)

 

0yamap20220930
登山ルート

 

Ari_dscn5865
二股橋を渡ってから東沢に入る

 

Tg5_p9301272
二股橋からみた鶏冠山

 

Ari_dscn5883
鶏冠谷出合で渡渉

 

Tg5_p9301281
前半は歩きやすい尾根歩き

 

Ari_dscn5924
段々急になってくる

 

Ari_dscn5954
岩尾根を進む(手前の岩壁にクサリが見える)

 

Ari_dscn5958
クサリ場はまだ登りやすい

 

Tg5_p9301294
第三岩峰を登るガイド氏

 

Ari_dscn5971
第三岩峰にはクサリが無い代わりに、迂回路がある

 

Ari_dscn5993
鶏冠山登頂 2115m

 

Tg5_p9301298
中央奥に甲武信ヶ岳、その右手前の大きい山が木賊山(とくさやま)

 

Tg5_p9301315
急いで下山したが、駐車場に着いたのは18時を回っていた

 

 

« 2022年9月 | トップページ | 2022年11月 »

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

北関東・尾瀬・日光

秩父・多摩

南関東

北アルプス・周辺

中央アルプス・八ヶ岳周辺

無料ブログはココログ