フォト

最近のトラックバック

« 鍬柄岳から大桁山(2022年4月10日) | トップページ | 鹿島神宮~香取神宮(2022年5月12日) »

2022年5月13日 (金)

嵩山(2022年4月30日)

 群馬県中之条にある嵩山(たけやま)は、戦国時代に嵩山城として激戦の歴史があった。 籠城の末、将兵だけでなく婦女子も崖から身を投じたという。 嵩山には三十三体の石仏が点在しており、今回は石仏を巡る登山となった。

 自宅を6時に出発、中野駅でBecker氏と合流、関越道渋川伊香保ICで下りた。 途中少しの渋滞があり、道の駅「霊山たけやま」の駐車場には10時前になってしまったが、駐車場は広く余裕があり、登山口に近いスペースに停めることができた。

 

表登山口(10:08)→①→見晴台(10:29)→②→⑧→⑨→⑩→東屋→小天狗(10:58)→④→⑤→⑥→⑦→不動岩→胎内くぐり(11:44)→⑪→⑫→⑬→⑭→⑮→⑰→⑯→中天狗(12:14)→㉖→東屋(12:30/12:55)→大天狗(13:07/13:20)→㉗→㉘→五郎岩(13:46)→㉙→㉚→㉛→東屋(14:26)→㉔→㉕→㉓→㉒→㉑→⑲→⑳→⑱→東登山口(15:14)

 

Img20220501_003
赤線は歩いたルート

 

Rx100_dsc04445
国道から見た嵩山(たけやま) 三つのピークは、左から小天狗、中天狗、大天狗(多分)

 

Ari_220501
道の駅(登山口駐車場)から嵩山を見上げる

 

Rx100_dsc04457
登山開始

 

Ip12_img_1314
見晴台からの榛名山の展望

 

Rx100_dsc04485
アドベンチャーな登山道

 

Ip12_img_1317
本丸跡

 

Rx100_dsc04526
大天狗への登りは、鎖場が何度も続く

 

Rx100_dsc04531n
嵩山の最高峰である大天狗の山頂789m

 

Rx100_dsc04538
石仏は登山道から離れ、危険な崖に置かれているものが多い

 

Rx100_dsc04569
下山

 

« 鍬柄岳から大桁山(2022年4月10日) | トップページ | 鹿島神宮~香取神宮(2022年5月12日) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 鍬柄岳から大桁山(2022年4月10日) | トップページ | 鹿島神宮~香取神宮(2022年5月12日) »

2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

北関東・尾瀬・日光

秩父・多摩

南関東

北アルプス・周辺

中央アルプス・八ヶ岳周辺

無料ブログはココログ