フォト

最近のトラックバック

« 2021年10月 | トップページ | 2021年12月 »

2021年11月25日 (木)

秋山・二十六夜山(2021年11月12日)

 二十六夜山は2座あって、区別するために一つは道志二十六夜山と呼ばれ、今年7月に今倉山から縦走した。 もう一つは秋山二十六夜山と呼ばれ、今回登ることにした。 

 

下尾崎(9:12)→防獣柵(9:22)→廿六夜碑(10:37)→二十六夜山(10:42)→廿六夜碑(10:37)→廿六夜碑(10:44/11:08)→防獣柵(11:56)→下尾崎(12:06)

 

Tg5_pb121893
下尾崎バス停近くの駐車スペースに車を置きスタート

 

Tg5_pb121895
かつては信仰登山が盛んに行われていたようだ

 

Ip12h_img_0395
まずは畑の中を登って行く

 

Ip12h_img_0397
ジグザクと急登

 

Ip12h_img_0401
紅葉が始まっていた

 

Tg5_pb121920
天気が良くて気持ちがいい

 

Ip12s_img_3314
もう少し

 

Tg5_pb121923
廿六夜碑

 

Tg5_pb121926
二十六夜山 山頂 971.7m

 

Ip12h_img_0405
廿六夜碑に戻って大休憩後、下山

 

2021年11月 6日 (土)

鎌北湖から物見山(2021年11月3日)

 妻のリハビリ登山のために、秩父の未踏の登山道の中から比較的コースタイムの短い、鎌北湖から物見山~スカリ山を周回した。 鎌北湖の紅葉はまだ早く、ほとんどのモミジは青々と茂っていた。

 

鎌北湖第1駐車場(8:30)→宿谷の滝(9:01)→物見山(9:47/10:10)→北向地蔵(10:40)→観音ヶ岳(10:50)→スカリ山(11:03/11:23)→エビガ坂(11:36)→鎌北湖第1駐車場(12:26)

 

Tg5_pb031823
鎌北湖第1駐車場の裏からスタート

 

Tg5_pb031830
登山道は明瞭だが狭い

 

Tg5_pb031836
宿谷の滝(しゅくやのたき)

 

Tg5_pb031845
相変わらず鬱蒼としている

 

Tg5_pb031852
物見山へ

 

Tg5_pb031854
山頂標識は展望の良いところにある

 

Tg5_pb031856
物見山 三角点 375.3m

 

Tg5_pb031873
スカリ山 434.9m

 

Tg5_pb031878
エビガ坂から下山路へ

 

Ip12_img_0355
鎌北湖の紅葉はまだ早かった

 

 

2021年11月 4日 (木)

長者ヶ岳(2021年10月23日)

 雪を被った富士山を拝みに、田貫湖畔の休暇村を予約し宿泊した。 ホテルの裏山は天子山地の長者ヶ岳であり、山頂を往復するとコースタイムが3時間半のため、ホテルの朝食を済ませてから出発することにした。

 

休暇村富士(7:56)→長者ヶ岳(9:59/10:20)→休暇村富士(11:54)

 

Tg5_pa231727
朝起きてカーテンを開けると、部屋の真正面に富士山が見えた

 

Tg5_pa231731
駐車場の裏からスタート

 

Tg5_pa231736
登山口

 

Tg5_pa231745
駿河湾と、その向こうに伊豆半島が見えた

 

Tg5_pa231758
稜線歩き

 

Tg5_pa231760
長者ヶ岳 1335.8m

 

Tg5_pa231766
富士山と田貫湖

 

Tg5_pa231775
広い稜線を戻る

 

Tg5_pa231783
休暇村まで下山

 

Tg5_pa231785
ホテルに戻り、日帰り温泉に入って昼食をとってから帰宅した

 


 

« 2021年10月 | トップページ | 2021年12月 »

2022年1月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

秩父・多摩

北アルプス・周辺

中央アルプス・八ヶ岳周辺

無料ブログはココログ