フォト

最近のトラックバック

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

2020年1月23日 (木)

甲州高尾山・棚横手(2020年1月18日)

 南岸低気圧が伊豆半島沖を東に抜け、関東南部の山沿いは午前中に降雪がある予報だった。 中止の選択肢もあったが、皆のスケジュールを合わせて決めた山行だったので、出発時間を1時間だけずらして決行することにした。 

 7時半に駅まで迎えに行くが、霧雨が降り始めたばかりで、路面はまだ濡れていなかった。 予報では昨夜から雨か雪が降っているはずだったので、天気の崩れが遅れているようだった。 談合坂でみっちーと合流、勝沼に着くころには雨は雪に変わっていた。

 当初の計画では、勝沼ぶどう郷駅の裏側の駐車場に車を停め、タクシーで大滝不動尊に行き、棚横手山から甲州高尾山を経て駅に戻る周回コースを考えていたが、大滝不動尊までマイカーで行って周回はしないことにした。

 

大滝不動尊P(10:50)→甲州高尾山(12:17/12:39)→富士見台分岐(13:23)→棚横手山(13:55/14:11)→富士見台分岐(14:33)→大滝不動尊P(15:14)

 

Tg5_p1180059
害獣防止柵

 

Tg5_p1180060
大滝不動尊の駐車場

 

Tg5_p1180068
立派な大滝不動尊

 

Tg5_p1180082
本降りになってきた

 

Tg5_p1180085
あと少し

 

Tg5_p1180087
甲斐百山 甲州高尾山 1106m

 

Tg5_p1180096
引き返す

 

Tg5_p1180101
富士見台を巻いて

 

Tg5_p1180106
富士見台分岐から約30分の登り

 

Tg5_p1180111
山梨百名山 棚横手山 1306m

 

Tg5_p1180128
下山

 

 

2020年1月19日 (日)

兜山(2020年1月14日)

 山梨県石和温泉のすぐ北側、奥秩父山塊の西南端に位置する「兜山」に登った。 低山ではあるが、甲府盆地の向こうに富士山が聳えて見える、展望の山であった。

 

登山口駐車場(9:19)→新岩場コース→兜山(10:35)→展望地→兜山(11:12)→神峰南尾根鞍部(11:43)→岩堂峠分岐(12:00)→登山口駐車場(12:30)

 

Tg5_p1140004
甲府盆地からの兜山(中央)

 

Tg5_p1140005
イノシシ除けのゲートを開けて登山口へ

 

Tg5_p1140007
登山口駐車場

 

Yos_20200114_095349
新岩場コースで山頂を目指す

 

Tg5_p1140018
クサリ場もある

 

Tg5_p1140022
急登

 

Tg5_p1140025
稜線に出た

 

Tg5_p1140040
兜山頂上 913m

 

Tg5_p1140032
甲府盆地の向こう側は御坂山塊(左端:黒岳、その右三角:釈迦ヶ岳、富士山の真下:節刀ヶ岳)

 

2020年1月18日 (土)

北八ヶ岳・青苔荘の食事

 青苔荘は、北八ヶ岳・麦草峠の近く、白駒池湖畔にある山小屋です。 標高が2115mもあるので、炬燵のある新館個室を予約し宿泊しました。

 

Y2020010500

 

Y2020010502
炬燵のある新館個室

 

Y2020010503
トイレは五つ星

 

Y2020010504
2020年1月5日の夕食 (17:00)

 

Y2020010601
翌日の朝食 (6:00から可能でしたが、6:30にしました)

 

2020年1月16日 (木)

北八ヶ岳・白駒池~茶臼山~縞枯山(2020年1月5日~6日)

 2020年の初登りは北八ヶ岳へ。 白駒池に面する青苔荘に宿泊して、高見石、茶臼山、縞枯山を周回するコースとした。 今シーズンは記録的な暖冬で、積雪があるか心配していたが、全コースを通してアイゼンで歩くことができた。

 

1日目:坪庭(10:46)→五辻(11:24)→大石峠(12:26)→麦草ヒュッテ(12:47/13:19)→丸山(14:18)→高見石(14:30/14:50)→青苔荘(15:27)

 

Tg5_p1055401
北八ヶ岳ロープウェイの山頂駅 坪庭からスタート

 

Tg5_p1055416
縞枯山・茶臼山を巻いて、麦草峠に向う

 

Tg5_p1055437
オトギリ平から大石峠へ

 

Tg5_p1055441
麦草ヒュッテでホットミルク休憩

 

Tg5_p1055449
約1時間の急登で丸山頂上 2329m

 

Tg5_p1055471
全面凍結した白駒池の湖上を歩き青苔荘へ

 

 

2日目:青苔荘(7:52)→麦草峠(8:36)→大石峠(8:56)→茶臼山展望台(10:01/10:12)→縞枯山展望台(10:44/10:52)→縞枯山(11:11)→雨池峠(11:34)→坪庭(11:50)

 

Tg5_p1065495
雪深い樹林を抜けて麦草峠へ向かう

 

Tg5_p1065504
麦草峠

 

Tg5_p1065523
茶臼山展望台 2384m

 

Tg5_p1065520
北アルプスの展望

 

Tg5_p1065535
一旦下降し、縞枯山2403mへの登りとなる

 

Tg5_p1065538
縞枯山展望台

 

Tg5_p1065539
茶臼山の奥に南八ヶ岳、さらに右奥に北岳、甲斐駒ヶ岳、仙丈ヶ岳

 

Tg5_p1065544
縞枯山山頂へ

 

Tg5_p1065554
雨池峠から縞枯山荘へ

 

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

秩父・多摩

無料ブログはココログ