フォト

最近のトラックバック

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年2月28日 (木)

那須・茶臼岳(2019年2月22日)

 一昨年暴風で登頂出来なかった那須・茶臼岳へ再度行ってきた。 雪は予想通り少なかったが、今回は絶好のコンディションで、久しぶりに山頂でゆっくり展望を楽むことができた。

 

大丸温泉登山口(9:25)→峰の茶屋避難小屋(10:56/11:04)→お鉢左回り→茶臼岳(11:49/12:09)→お鉢左回り→峰の茶屋避難小屋(12:39/12:56)→大丸温泉登山口(13:46)

 

Yos_20190222_102630
森林限界を抜ける

 

Tg5_p2221995
峰の茶屋跡避難小屋から、剣ヶ峰、奥に朝日岳

 

Tg5_p2222000
茶臼岳へ

 

Tg5_p2222008
お鉢の向こう側に山頂が見えた

 

Tg5_p2222010
お鉢を左回りにまわる

 

Tg5_p2222015
茶臼岳頂上1915mの祠

 

Tg5_p2222019
頂上からの展望。 左奥に那須連山最高峰の三本槍岳1917m、右の雪が付いていないのが朝日岳1896m

 

Tg5_p2222021
山頂標識

 

Yos_20190222_121606
下山開始

 

Tg5_p2222027
帰りは早い

 

Tg5_p2222038
山の神の鳥居を過ぎれば、あと30分で駐車場

 

2019年2月27日 (水)

玉宮ざぜん草公園から小倉山(2019年2月19日)

 7時半からのホテルの朝食を済ませてから、ゆっくりと身支度をし、9時前にホテルを出発した。 塩山を過ぎ、大菩薩へ続く道を右に見て、玉宮ざぜん草公園へ案内する小さな交通看板に従って進む。 整備された駐車場には一番乗りで、まだ開花には早かったようだった。

 

ざぜん草公園P(9:40)→小倉山(10:31/10:36)→上条山(11:11)→上条峠分岐(11:25)→船宮神社分岐(11:40)→ざぜん草公園P(11:57)

 

Tg5_p2181945
ざぜん草公園駐車場

 

Tg5_p2181954
ざぜん草公園は、木道と害獣防止の電気柵で保護されていた

 

Tg5_p2181951
群生ではなかったが、幾つも咲いていた

 

Tg5_p2181962
ざぜん草群生地を抜け、尾根に乗って右に行くと小倉山

 

Tg5_p2181966
快適な尾根歩き

 

Tg5_p2181974
小倉山山頂955m

 

Tg5_p2181981
展望台の上からは、南アルプスが一望できた

 

2019年2月26日 (火)

真木お伊勢山(2019年2月18日)

 目的地未定のまま、山梨に宿泊して登山に行く計画を立てていた。 妻は前週の旅行で風邪をこじらせ、体調が万全でないままこの日を迎えてしまったが、宿泊の当日も翌日も好天の予報だったので、両日ともに軽いハイキングで済ませることにした。

 宿泊当日は、大月秀麗富嶽十二景の8番「お伊勢山」に行くことにした。 登山地図には登山道の記載がなかったため、ナビでお伊勢山の山頂を目指し、行けるところまで車で行くことにした。

 

愛宕神社前駐車スペース(13:49)→お伊勢山(13:53/13:57)→愛宕神社前駐車スペース(14:00)

 

Tg5_p2171915
愛宕神社前の駐車スペース

 

Tg5_p2171923
秀麗富嶽十二景の選定、撮影の中心となった白簱史朗の石碑があった

 

Tg5_p2171920
お伊勢山 550m

 

Tg5_p2171927
富士山の眺め

 

Tg5_p2171935
甲府盆地のリゾートホテルに宿泊

 翌日は玉宮ザゼンソウ公園から小倉山に登ることにした。

2019年2月23日 (土)

湯川渓谷の氷柱(2019年2月10日)

 八ヶ岳連峰の東側の山裾にある南牧村の湯川渓谷に行ってきた。 ここは厳冬期になると、高さ十数メートルの氷壁や氷柱が出現し、アイスクライミングのゲレンデにもなっている。

 6時半、いつもの白馬会のメンバーと中野駅で待ち合わせ、中央道経由で湯川渓谷に向った。 前日の降雪にもかかわらず、林道の雪は少なく、持って行った金属チェーンは使わなかった。 

 

駐車スペース(11:07)→氷瀑エリア(11:50~13:05)→駐車スペース(13:40)

 

Tg5__p2101882_3
灯明の湯を過ぎ、林道が分岐した先の駐車スペース

 

Bes_img_1454
30分ほど林道を歩いてから、沢に下りる

 

Tg5__p2101885
まず右の沢を進むが、渡渉できずここで終了

 

Om_s__3784733
今度は左の沢へ

 

Tg5__p2101900
最大級の氷柱があった

 

Tg5__p2101910
登っている

 

Tg5__p2101913
林道を戻り、帰宅

 帰路は関越道経由としたが、時間は少し短かったようだ。

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

秩父・多摩

無料ブログはココログ