フォト

最近のトラックバック

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月31日 (火)

北鎌尾根から槍ヶ岳(2018年7月23日~26日)

 技術的にはそれほど難しくないと思い、安易に考えていた北鎌尾根だったが、大変だった。 いつものガイドさんにお願いしたのだが、テント泊の個人装備に加え水3リットルを背負って、12時間ほとんど休まず、急斜面のアップダウンや岩登りを続けるという過酷な登山だった。

 

1日目:上高地バスターミナル(10:42)→河童橋昼食(11:02/11:35)→明神(12:26/12:36)→徳沢(13:27/13:55)→横尾山荘(14:45)

 

Tg5_p7230006
河童橋前の食堂(2F)からの眺め

 

Tg5_p7230028
この日は横尾まで

 

 

2日目:横尾山荘(6:54)→槍沢ロッヂ(9:10/10:42)→ババ平(11:18/11:26)→大曲(11:56/12:03)→水俣乗越(13:43/13:54)→北鎌沢出合(16:31)

 

Tg5_p7240044
横尾山荘から見た前穂高岳(東壁)

 

Tg5_p7240066
槍沢

 

Tg5_p7240086
槍沢ロッヂでガイド氏と合流、ババ平で休憩

 

Ari_dscn9773
大曲から急登を登り切り、水俣乗越へ

 

Ari_dscn9775
乗っ越したら、天上沢の急なガレ場の下降が待っていた

 

Tg5_p7240113
沢を下り、北鎌沢出合でテント泊

 

 

3日目:北鎌沢出合(3:14)→北鎌のコル(6:44)→独標(10:08)→槍ヶ岳(15:36/15:46)→槍ヶ岳山荘(16:18)

 

Ari_dscn9782
北鎌沢右俣を3時間半も登る。 暑くて重くて死にそう。

 

Ari_dscn9785
尾根に乗るまでに体力をかなり消耗した

 

Ari_dscn9790
北鎌のコルで尾根に乗ると、岩とハイマツの混在帯を進む

 

Tg5_p7250141
たまにスタカットで登る

 

Tg5_p7250142
独標2899m 到着

 

Ari_dscn9798
独標から先がまた大変

 

Ari_dscn9799
浮石ばかりのザレザレの尾根

 

Ari_dscn9802
ガレガレ

 

Ari_dscn9805
登ったり下ったりが、何度も何度も続く

 

Ari_dscn9809
また下る

 

Ari_dscn9812
浮石を踏まないように確かめながら進む

 

Tg5_p7250149
槍ヶ岳が近づいてきた

 

Ari_dscn9817
だんだん急になる

 

Ari_dscn9822
もうすぐ

 

Ari_dscn9827
最後のチムニーは

 

Ari_dscn9830
3ピッチで山頂

 

Ari_dscn9832
槍ヶ岳3180m

 

 

4日目:槍ヶ岳山荘(6:05)→槍沢ロッヂ(9:10/10:05)→横尾(11:28/11:53)→徳沢(12:46/13:01)→明神(13:54/14:02)→上高地バスターミナル(14:52)

 

Tg5_p7260172
槍ヶ岳山荘でゆっくり朝食をたべてから出発

 

Tg5_p7260181
疲れた体に鞭打って下る

 

Tg5_p7260183
なかなか厳しい北鎌尾根だった

 

Tg5_p7260184
綿毛になったチングルマ

 

Tg5_p7260202
槍沢ロッヂまでガイド氏にお世話になった

 

2018年7月29日 (日)

ラフティング&宝川温泉(2018年7月13日~14日)

 昨年法師温泉に行った仲間達と、今年は宝川温泉に行くことになった。 温泉だけでは水上まで行く価値はないと、利根川の急流でラフティングした後、宝川温泉で超長風呂を楽しんだ。

 

Max_imgp7137
ラフティング出発前の注意事項を真剣に聞く

 

Max_imgp7149
カメラマンが良いポイントで撮ってくれる

 

Max_imgp7208
たまに急流を通過

 

Max_imgp7356
老体には過酷過ぎないかと心配していたが、無事終了

 

Tg5_p7133294
宝川温泉に移動し、温泉を楽しむ

 

Ishii03
翌日は、奈良俣ダムを見学

 

Ishii05
ダム上からは、至仏山(左)と笠ヶ岳(右)が目の前に見えた

 

Ipx_img_7228
日本で3番目の高さのロックフィルダム

 

2018年7月16日 (月)

利尻山(2018年7月2日)

 利尻マリンホテル2日目の朝は4:15に起床。 利尻山登山者はホテルのロビーに5時集合と言われたので、5分前にロビーに下りた。 マイクロバスは、我々を含め4名の登山客を乗せ、標高220mの登山口(北麓野営場)へ向かった。

 登山口では20人程の登山者が出発準備をしていたが、我々はトイレだけ済ませてすぐに歩き始めた。 標高差1500mの日帰り登山ということで、ゆっくりと息の上がらないスピードで登り始めた。   

 

鴛泊登山口(5:11)→三合目(5:22)→四合目(5:46)→五合目(6:17)→六合目(6:39)→七合目(6:59)→八合目長官山(7:49)→避難小屋(8:03/8:17)→九合目(8:45)→利尻山(9:37/9:47)→九合目(10:23)→避難小屋(10:43/10:50)→八合目長官山(11:01)→七合目(11:37)→六合目(11:58)→五合目(12:13)→四合目(12:36)→三合目(12:58)→鴛泊登山口(13:05)

 

Tg5_p7023204
まもなく八合目長官山(右奥?)

 

Tg5_p7023206
振り返れば鴛泊港、泊まっているホテルも見えた

 

Tg5_p7023207
八合目長官山。 利尻山の山頂が眼前に迫る場所だが、山頂はガスの中。

 

Tg5_p7023213
ゴゼンタチバナ

 

Tg5_p7023217
エゾノハクサンイチゲ

 

Tg5_p7023218
九合目からは登山道の崩落が激しい

 

Tg5_p7023220
エゾノハクサンイチゲの群落

 

Tg5_p7023224
イワベンケイ

 

Ipx_img_7185
山頂(北峰1719m)

 

Tg5_p7023237
ミヤマアズマギク

 

Tg5_p7023248
ナナカマド

 

Tg5_p7023261
ガスを抜けると再び鴛泊港が見えた

 

Tg5_p7023268
陽も差してきた

 

Tg5_p7023283
ホテルに戻ると山頂のガスは切れていた

 

2018年7月11日 (水)

礼文島・桃岩展望トレッキング(2018年7月1日)

 梅雨がないと言われていた利尻・礼文島に、6月30日からの3泊4日で行ってきた。 関東地方は6月29日に梅雨明けしたと発表され、梅雨前線が北上し、石狩川が氾濫するなど北海道は連日の大雨となってしまった。 最北端の稚内は前線から離れていたので、辛うじて雨だけは免れていた。

 6月30日、18:20に稚内からのフェリーで利尻島の鴛泊港に着いた。 利尻山は山麓までガスで覆われ、何処に山があるのかも分からないほどだった。 7月1日も2日も曇りの予報だったが、2日のほうが風が弱まる見通しだったので、利尻登山は2日にして、1日は礼文島の桃岩トレッキングコースを歩くことにした。

 7月1日、9:20鴛泊発のフェリーに乗り、礼文島の香深港に10:05に着いた。 10:21発のバスで知床停留所まで行き、約3時間半のトレッキングコースをのんびり香深港まで歩くことにした。

 

香深フェリーターミナル(10:21)→バス→知床バス停(10:34/10:41)→元地灯台(11:35)→桃岩展望台(12:40/12:54)→香深フェリーターミナル(13:30)

 

G9x_img_0632
レブンシオガマ

 

G9x_img_0637
ミヤマキンポウゲ

 

Tg5_p7013108
センダイハギ?

 

Tg5_p7013112
ハマナス

 

Tg5_p7013121
チシマフウロ

 

Tg5_p7013126
エゾイブキトラノオ

 

G9x_img_0644
強風の元地灯台

 

G9x_img_0655
レブンキンバイソウ

 

Tg5_p7013131
エゾカンゾウ

 

G9x_img_0664
花は多いが、ガスが濃く、展望はない

 

Tg5_p7013151

 

Tg5_p7023201
マイヅルソウ

 

G9x_img_0700
標高が下がるとガスが切れ、まもなく下山

 

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

秩父・多摩

中央アルプス・八ヶ岳周辺

無料ブログはココログ