フォト

最近のトラックバック

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年12月28日 (木)

八ヶ岳・石尊稜(2017年12月19日)

 ガイド登山2日目は横岳西壁の石尊稜へ。 赤岳鉱泉で朝弁当を食べ、5:30に出発。 中山乗越の手前から、三叉峰ルンゼへ行くトレースを辿り進む。 途中からトレースは二手に分かれ、右側の濃い方のトレースを進むと石尊稜の下部岩壁に取り付いた。 

 

赤岳鉱泉(5:39)→石尊稜取り付き(7:20)→石尊峰(10:21)→地蔵の頭(11:09)→行者小屋(12:04)→赤岳鉱泉(12:30/13:23)→堰堤広場(14:03)→美濃戸(14:40)

 

Ari_dscn6084
森林限界を越えたところでロープを繋ぐ

 

G9x_img_8329
石尊稜取り付き

 

G9x_img_8332
クライミング開始

 

Ari_dscn6097
下部の岩壁を抜ける  この後しばらくは雪稜となる

 

Ari_dscn6102
上部の岩壁を抜けると風が強くなり、頬が凍りそうになる

 

Ari_dscn6109
稜線の登山道に出て、クライミング終了

 

G9x_img_8335
地蔵の頭から地蔵尾根を下山

 

G9x_img_8336
土日営業の行者小屋は閉まっていた

 

G9x_img_8337
赤岳鉱泉で大休憩をとり、下山

 

2017年12月27日 (水)

八ヶ岳・赤岳鉱泉の食事

赤岳鉱泉は、南八ヶ岳で唯一の通年営業の山小屋です。

 

Y2017121800

 

2017年12月18日の夕食
Y2017121801
久し振りのステーキでした

 

朝食弁当
Y2017121802 

 

下山後、醤油ラーメンをいただきました
Y2017121803

 

 

 

以下は2017年2月に宿泊した時の写真です。

Y2017020900

 

 
2017年2月9日の夕食
Y2017020901
サンマの塩焼き、鶏肉の鍋物  イクラはサービス品です

 

朝食弁当
Y2017020902
ワンタンスープはガイドさんのサービスです。

 

 

 

以下は2016年3月に宿泊した時の写真です。

Y2016031600_2

 

2016年3月16日の夕食
Y2016031601_2
煮カツは卵とじにします

 

朝食
Y2016031701_2

 

 

 

以下は2013年3月に宿泊した時の写真です。 

Y2013031500

 

2013年3月15日の夕食
Y2013031501

 

翌日の朝食
Y2013031601

 

 

 

以下は2010年12月に初めて宿泊した時の写真です。

Lx3_p1080725

 

2010年12月16日の夕食
Lx3_p1080721

牛肉は自分で焼いて食べます。半ば凍っていますが、とても美味しいです。

 

翌日の朝食
Lx3_p1080723

 

2017年12月26日 (火)

峰ノ松目沢アイスクライミング(2017年12月18日)

 赤岳鉱泉に一泊して、2日間、バリエーションルートのガイド登山をした。 1日目は美濃戸から北沢を赤岳鉱泉に向かう途中にある峰ノ松目沢のアイスクライミング。 2日目は横岳西壁の石尊稜を登った。 天気はまずまずの予報だったが、初日の峰ノ松目沢は快晴となり、暑いくらいのクライミングとなった。

 

美濃戸(6:50)→堰堤広場(7:46)→峰ノ松目沢取り付き(8:51)→終了点(11:25)→峰ノ松目沢取り付き(13:13)→赤岳鉱泉(13:47)

 

Ari_dscn6031
峰ノ松目沢出合で装備を付けてスタート(8:36)

 

Ari_dscn6034
朝日を浴びて霧氷が輝いていた

 

Ari_dscn6039
背後に赤岳、阿弥陀岳

 

G9x_img_8296
核心部の垂直の滝

 

Ari_dscn6056
終了点

 

Ari_dscn6065
懸垂下降で登ってきた滝を降りる

 

G9x_img_8317
赤岳鉱泉到着

 

2日目の石尊稜はこちら

2017年12月 4日 (月)

迦葉山(2017年12月3日)

 東京の高尾山、京都の鞍馬山と共に“日本三大天狗”の一つになっている(らしい)群馬の迦葉山(かしょうざん)に行って来た。 核心部は和尚台の胎内潜りだが、登りはBecker氏に偵察してもらっただけで、巻き道で山頂へ。 下りは和尚台の基部まで戻ってから、荷物を置いて胎内潜りを攀じ登った。 さらに岩峰の天辺まで行くクサリが設置してあったが、斜度やホールドなど見るからに危険度が高く、登る気にはなれなかった。

 

弥勒寺駐車場(9:32)→弥勒寺(9:36/9:46)→和尚台(10:20/10:43)→御嶽山大神(11:18/11:23)→迦葉山(11:32/12:25)→和尚台(12:56/13:35)→弥勒寺(13:55/14:07)→弥勒寺駐車場(14:11)

 

G9x_img_8105
弥勒寺 中峯堂

 

G9x_img_8106
中峯堂の中にある大天狗

 

G9x_img_8109
中雀門を潜って登山開始

 

G9x_img_8114
杉の巨木

 

G9x_img_8126
和尚台の岩峰へ

 

G9x_img_8130
和尚台を巻いて登る

 

G9x_img_8137
迦葉山 1322m

 

G9x_img_8150
和尚台を巻いて下る

 

G9x_img_8160
和尚台の基部に荷物を置いて、胎内潜りに挑戦!

 

G9x_img_8159
和尚台の上部

 

Bec_img_9275
クサリを頼りにチムニーを登る

 

G9x_img_8151
チムニー内部から見た出口

 

G9x_img_8161
和尚台を後にし下山

 

G9x_img_8170
中雀門に戻り登山終了

 

2017年12月 1日 (金)

倉岳山・高畑山(2017年11月28日)

 前回の滝子山に続いて、今回も大月市秀麗富嶽十二景を歩いた。 今回は9番山頂である倉岳山と高畑山だが、どちらも標高1000mに満たない低山であり、のんびりと紅葉を楽しみながら平日の静かなハイキングを楽むことができた。

 倉岳山と高畑山に登る定番の登山口は、北側を走る中央本線の鳥沢駅か梁川駅になるのだが、今回は南側の浜沢バス停横の駐車場とした。 自宅を6時過ぎに出発、浜沢の駐車場に着いたのは8時になってしまったが、15台ほど止まれる駐車場に先客車はいなかった。

 

浜沢駐車場(8:03)→立野峠(9:05)→倉岳山(9:38/9:54)→穴路峠(10:17)→高畑山(10:52/11:22)→穴路峠(11:51)→県道35号(12:30)→浜沢駐車場(12:52)

 

G9x_img_8020
暗くやや荒れた登山道からスタート

 

G9x_img_8022
標高を上げると明るい広葉樹林帯に変わった

 

G9x_img_8028
まもなく立野峠

 

G9x_img_8038
倉岳山990m(大月市秀麗富嶽十二景 9番山頂)

 

G9x_img_8044
高畑山へ向かう稜線

 

G9x_img_8051
もう少し

 

G9x_img_8061
高畑山982m(大月市秀麗富嶽十二景 9番山頂)

 

G9x_img_8077
山頂を後にし、穴路峠に戻る

 

G9x_img_8083n
穴路峠から、百蔵山(中央)、扇山(右)の展望

 

G9x_img_8093
県道35号まで下り、浜沢駐車場に戻る

 

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

秩父・多摩

無料ブログはココログ