フォト

最近のトラックバック

« 大井沢、山寺観光(2016年10月2日) | トップページ | 廻り目平キャンプ(2016年10月22日~23日) »

2016年10月10日 (月)

大源太山(2016年10月7日)

 秋雨が一段落したので、トレーニングを兼ねて近場の丹沢に行く計画をしていた。 朝4:45に目覚ましで起きると、天気予報が曇りから晴れに変っていて、丹沢では勿体ないということになった。 妻は既に変更候補として、上越のマッターホルンとも呼ばれる大源太山を挙げていた。 私も特に異存はなかったので、装備を少し入れ替えて早々に出発した。

 旭原の林道終点の駐車場に着いたのは8時半近くになっていて、約10台の駐車スペースは丁度満杯の状態だった。 一番奥の回転スペースでUターンし、20mほど下の路肩スペースに駐車した。  

 

林道終点P(8:40)→分岐(8:58)→シシゴヤノ頭(10:39/10:49)→1544分岐(11:27)→七ッ小屋山(12:03/12:17)→大源太山(13:23/13:33)→分岐(15:37)→林道終点P(15:49)

 

G9x_img_1855
2回の渡渉があるがロープが張ってある

 

Rx100_dsc09611
シシゴヤノ頭で尾根に出ると、森林限界を超え笹原の稜線となった

 

Rx100_dsc09614
紅葉の見頃はもう少し先か

 

Rx100_dsc09617
これから向かう七ッ小屋山と大源太山

 

Rx100_dsc09619
左奥から、谷川岳、一ノ倉岳、右端に茂倉岳

 

Rx100_dsc09620
谷川馬蹄形縦走路を40分ほど歩く。 湯檜曽川の遥か先に赤城山。

 

G9x_img_1884
尖った笠ヶ岳と、その右に白毛門

 

Rx100_dsc09623
池塘から七ッ小屋山へ

 

G9x_img_1890
七ッ小屋山1674m  右は谷川岳、一ノ倉岳、茂倉岳 

 

Rx100_dsc09629
左奥に巻機山

 

Rx100_dsc09631
七ッ小屋山から一旦下り、大源太山の厳しい登りとなる。 そして左の尾根を下る。

 

Rx100_dsc09636
山頂直下のクサリ場

 

Rx100_dsc09640
大源太山 1598m

 

« 大井沢、山寺観光(2016年10月2日) | トップページ | 廻り目平キャンプ(2016年10月22日~23日) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大井沢、山寺観光(2016年10月2日) | トップページ | 廻り目平キャンプ(2016年10月22日~23日) »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

秩父・多摩

無料ブログはココログ