フォト

最近のトラックバック

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月29日 (金)

蓼科山(2016年1月26日)

 3年前の丁度今頃にみっちーと登った蓼科山だが、その時は山頂付近が吹雪で展望どころか登山道を見失うほどの悪条件だった。 今シーズンの雪山は天狗岳、谷川岳、金時山と、ずっと天気に恵まれていて、今回も快晴の中を登ることができた。

 

女神茶屋登山口(9:27)→2110m指導標(10:44/10:53)→蓼科山(12:22/12:39)→2110m指導標(13:42/14:00)→女神茶屋登山口(14:48)

 

Lf1_p1060662
2110m指導標付近

 

Lf1_p1060679
山頂付近はやや風があって、気温もマイナス13度と低めだったので、上着を着込んだ

 

Lf1_p1060672
槍穂高連峰

 

Lf1_p1060681
八ヶ岳連峰

 

Lf1_p1060688
蓼科山頂ヒュッテ(冬季休業中)

 

Lf1_p1060697
下山

 

2016年1月22日 (金)

金時山(2016年1月20日)

 今年は記録的な暖冬が続いていたが、17日の夜から関東甲信の広い範囲で大雪となった。 ひと月以上前から予定していたこの日(20日)の登山は北八ヶ岳と決めていたのだが、深い雪が予想された上に、強い冬型になると予報が出たので、晴天が期待できる金時山に急遽変更した。

 金時神社の駐車場には、既に3台の車が停まっていたが、山頂まではしっかりとしたトレースが付いていた。 金時娘の小宮山さんの話では、18日に山頂で40センチの積雪があったそうだ。 山頂から乙女峠までは数人の先行者がいた程度の薄いトレースだったが、凍っている箇所もなく持って行った軽アイゼンは使わないで済んだ。

 

金時神社駐車場(8:52)→金時山(10:30/11:15)→長尾山(12:02/12:16)→乙女峠(12:28)→乙女口(13:05)→金時神社駐車場(13:18)

 

Lf1_p1060410
金時神社

 

Lf1_p1060421
新雪の真っ白い富士

 

Lf1_p1060435
大涌谷の噴煙

 

B2016012001
山頂を後にすると、稜線歩きとなる

 

Lf1_p1060439
乙女峠までは展望の良い登山道だった

 

 

Lf1_p1060425
左から箱根山、愛鷹連峰(奥)、富士山 (山頂からの展望180度)

 

 

2016年1月19日 (火)

沼津アルプス(2016年1月15日)

 厳冬期の無雪ハイキングということで、静岡県の沼津アルプスに行くことになった。 沼津市のホームページによれば、全山縦走に6時間半も掛るという。 時間的余裕がないので車で行けるところまで行こうということになり、香貫山の手前の香陵台の駐車場まで車で登り、下山後タクシーで車を回収に来ようという計画になった。

 

香陵台駐車場(9:22)→香貫山(9:46)→横山(10:45)→徳倉山(11:31/12:00)→志下山(12:53)→小鷲頭山(13:31)→鷲頭山(13:46/14:02)→大平山(14:55/15:10)→多比バス停(15:53)

 

Lf1_p1060299
歩き始めてすぐに富士山が良く見える

 

Lf1_p1060322
徳倉山からは南アルプスの展望

 

Lf1_p1060335
相模湾

 

Lf1_p1060345
明るい登山道

 

Lf1_p1060381
後半の岩尾根を進む

 

Lf1_p1060388
最後のピーク 大平山

 

 大平山から縦走路を10分ほど戻り、多比口峠から多比の集落に下山した。 すぐに沼津駅行きのバスに乗れ、市役所で降車し、タクシーを呼んで香陵台の駐車場に戻った。 既に16時45分になっていた。

 

Lf1_p1060403
香陵台駐車場に戻るともう日没間近になっていた

 

2016年1月 8日 (金)

谷川岳(2016年1月4日)

 正月三が日は春の陽気で、どこの雪山にも大勢の登山者が入っているようだった。 谷川岳にも大勢入っていて、ネットの山行記録ではワカンやスノシューを履かずに、皆アイゼンでトレースを辿っているようにみえた。 豪雪地帯ゆえにひと雪降ればノートレースのラッセル地獄となるはずだが、1月4日の午後までは晴れが続く予報だったので、アイゼンのみ持って谷川岳に向かった。 

 天神尾根はしっかりとしたトレースが山頂まで続いており、トレースを外れない限り踏み抜くことはなかった。 風も弱く、気温も高かったので、肩の小屋の乾いた外ベンチでゆっくりとコーヒーを飲むという贅沢な時間もとれた。

 

ロープウェイ天神平駅(9:16)→避難小屋(10:05/10:15)→肩の小屋(11:35)→トマの耳(11:43)→オキの耳(12:01)→肩の小屋(12:20/12:42)→避難小屋(13:18/13:26)→ロープウェイ天神平駅(14:02)

 

Lf1_p1060167
明瞭なトレースが山頂まで続いていた

 

Lf1_p1060183
肩の小屋からトマの耳へ

 

Lf1_p1060188
トマの耳からオキの耳へ

 

Lf1_p1060190
オキの耳

 

Lf1_p1060198
オキの耳の標識

 

Lf1_p1060201
トマの耳を振り返る

 

Lf1_p1060212
トマの耳への登り返し

 

Lf1_p1060226
登頂後、肩の小屋に立ち寄ってコーヒーブレイク

 

Lf1_p1060247
熊穴沢付近のトラバース道から谷川岳を振り返る

 

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

秩父・多摩

中央アルプス・八ヶ岳周辺

無料ブログはココログ