フォト

最近のトラックバック

« 小金沢連嶺(2015年9月22日) | トップページ | 常念小屋の食事 »

2015年10月 3日 (土)

常念岳(2015年9月28日~29日)

 晴れると思えば台風が発生し、今年の夏山は天気に翻弄されて、なかなか思い通りにならなかった。 今回は、心配していた台風21号が予想に反して進路を台湾に向け、北アルプスは大陸から張り出した高気圧に覆われると予報が出た。  

 計画通りに5時に清瀬で待合せて、所沢から関越道経由で安曇野に向かった。 途中休憩を30分ほど入れて、一ノ沢登山口の路肩駐車スペースに着いたのは、9時を少し過ぎていた。 

 

1日目:路肩駐車スペース(9:29)→一ノ沢登山口(9:36)→王滝(10:45/10:56)→笠原(12:06/12:16)→胸突八丁(12:45)→最終水場(13:15)→第一ベンチ(13:29/13:38)→常念小屋(14:17)

 

Rx100_dsc08285
何度か沢を渡る

 

Rx100_dsc08283
常念岳と横通岳の鞍部(常念乗越)に向かって、一ノ沢を詰めていく

 

Rx100_dsc08304
常念乗越に着くと、向こう側から槍ヶ岳が現れた

 

Rx100_dsc08307
左を見ると常念岳

 

Rx100_dsc08310
右を見ると横通岳

 

Rx100_dsc08325
夜になるとスーパームーンが昇ってきた

 

 

2日目:常念小屋(6:26)→常念岳(7:50/8:32)→常念乗越(10:00/10:16)→最終水場(11:07)→胸突八丁(11:29/11:35)→王滝(12:46/12:55)→一ノ沢登山口(13:46)→路肩駐車スペース(13:51)

 

Rx100_dsc08368
朝から西風が強く、稜線は寒かった

 

Rx100_dsc08380
常念岳 2857m

 

Rx100_dsc08390
涸沢の紅葉が見られるかと思っていたが、遠くてよく分からなかった

 

Rx100_dsc08396
来年こそは歩きたい槍穂の稜線

 

Rx100_dsc08397
東側には雲海が広がり、安曇野の街は見えなかった

 

Rx100_dsc08417
約40分滞在した山頂を後にして、常念乗越に戻る

 

Rx100_dsc08440
前日登ってきた道を戻ったのだが、紅葉が進んだような気がした

 

« 小金沢連嶺(2015年9月22日) | トップページ | 常念小屋の食事 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 小金沢連嶺(2015年9月22日) | トップページ | 常念小屋の食事 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

秩父・多摩

無料ブログはココログ