フォト

最近のトラックバック

« 廻り目平キャンプ(2015年10月24日~25日) | トップページ | 四ツ又山から鹿岳(2015年11月19日) »

2015年10月29日 (木)

八海山(2015年10月26日)

 土日に廻り目平でクライミング練習をしている時にBecker氏からメールがあり、急遽月曜日に新潟の八海山に行くことになった。 ロープウェイを利用して稜線まで上がり、八ッ峰を越えて大日岳まで行く鎖場連続のコースだ。 帰りは危険な八ッ峰は迂回して戻るのが一般的のようなので、我々もそのルートで戻る計画とした。 

 AM5:10、Becker氏は約束の時刻丁度に自宅に来てくれた。 八海山ロープウェイ下の駐車場まで自宅から3時間と読んでいたが、30分ほど余分に掛ってしまった。 駐車場には紅葉見物に来た大型バスが何台も先に到着していて、既にロープウェイには待ち行列が出来ていた。 1回待ちでロープウェイに乗れ、山頂駅で登山届を提出しトイレを済ませて、9:21から登山を開始することができた。 帰りのロープウェイの最終は16:20だったので、7時間以内に戻らねば歩いて駐車場まで下山しなければならない。 時間を気にしつつのスタートになった。 

 

八海山ロープウェイ山頂駅(9:21)→四合半(9:52)→女人堂(10:37/10:48)→薬師岳(11:34)→千本檜小屋(11:44/11:51)→地蔵岳(12:05)→不動岳(12:09)→白河岳(12:44)→摩利支岳(12:55)→大日岳(13:11/13:21)→迂回路分岐(13:40)→迂回路→千本檜小屋(14:23/14:26)→女人堂(15:01/15:06)→四合半(15:35)→八海山ロープウェイ山頂駅(15:55)

 

Lf1_p1050557
千本檜小屋からクサリ場の連続となる

 

Lf1_p1050585
登っては下り、下りては登る

 

Lf1_p1050587
狭いリッジを行く

 

Lf1_p1050592
高度感は半端ない

 

Lf1_p1050598
大日岳が見えた

 

Lf1_p1050604
大日岳到着 1720m

 

Lf1_p1050611
大日岳を越えて振り返る

 

B2015102601_2
下りのクサリは更に続く

 

Lf1_p1050622
そして迂回路で戻る

 

Lf1_p1050646
下山のロープウェイから八ッ峰を仰ぎ見る

 

Lf1_p1050655
駐車場からの八海山

 

« 廻り目平キャンプ(2015年10月24日~25日) | トップページ | 四ツ又山から鹿岳(2015年11月19日) »

コメント

お疲れ様でした。
考えていたより大分スリリングでハードなコースでした。
面白かったね。
何より、全員無事なのが良かったです。
こんな感じ、また行きましょう。😄

平日だったので岩場の渋滞がなくてよかったね。
危ないところも落ち着いて通過できました。
雪が降るまでに、こんな感じのところをあと幾つか登りたいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 廻り目平キャンプ(2015年10月24日~25日) | トップページ | 四ツ又山から鹿岳(2015年11月19日) »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

秩父・多摩

無料ブログはココログ