フォト

最近のトラックバック

« ロブチェ・イースト アプローチ編 | トップページ | ロブチェ・イースト 地震&帰国編 »

2015年5月31日 (日)

ロブチェ・イースト登頂&エベレストベースキャンプ滞在編

 ロブチェ・イーストのベースキャンプ(BC)に到着してから登頂するまでには4日を要した。 高所順化を2日行い、3日目にハイキャンプ(HC)で宿泊、4日目に登頂してベースキャンプに戻るというスケジュールだ。

 HCは5300mと5700mの2か所設営され、下のHCは宿泊のためのキャンプではなく、ポーターがアイゼン、高所靴、ピッケル等の登攀用具を荷上げするためのものだ。 つまりBCからは無雪期の装備で登り、下のHCで厳冬期用に装備を整えてから登攀を開始し、上のHCで宿泊。 翌朝明るくなってから山頂に向け出発し、山頂を踏んで再び下のHCまで下り、登攀用具を置いてから、BCまで下山するという段取りだ。 

 

 

4月19日(高所順応1日目):ロブチェBC4900m(9:46)→5200m地点→ロブチェBC(13:01)

 

Lf1_p1030515
少し登ったところからロブチェBCを振り返る。 左奥がAG隊、右手前はラッセルブライス隊だった。

 

Lf1_p1030522
5200mくらいまで登り、BCに戻る

 

 

4月20日(高所順応2日目):ロブチェBC4900m(9:30)→下のHC5300m(12:50/14:10)→ロブチェBC(16:17)

 

Lf1_p1030554
高所順応2日目  下のHCからすこし登り振り返る(5350m?)

 

Lf1_p1030558
難所ではネパールガイドがロープをセットしてくれていた

 

 

4月21日(ハイキャンプへ):ロブチェBC4900m(10:30)→下のHC5300m(13:40/14:10)→上のHC5700m(17:39)

 

Lf1_p1030570
下のHCで登攀装備着用して、上のHCに向かう。 

 

Lf1_p1030572
上のHC到着

 

 

4月22日(登頂日):上のHC5700m(7:30)→ロブチェ・イースト6119m(11:55/12:10)→上のHC5700m(13:38)→ロブチェBC4900m(17:14)

 上のHCから先は、殆どのルートに固定ロープが張られていた。 アッセンダーを固定ロープにセットして、手すりを掴むようにしてゆっくりと登る。 段々傾斜は強くなり、山頂直下では40度程度の雪壁となり、息が追い付かず苦しくてなかなか進まない。 もう記憶もないが、最後に2~3人に抜いてもらい、登頂した12人中最後に登頂することになった。 

 

Win2
ロブチェ・イースト6119m登頂

 

Lf1_p1030586
BCに戻り、登頂を喜ぶ

 

Img017_2
後日送付された登頂証明書

 

 

4月23日:ロブチェBC4900m(9:20)→ゴラクシェプ5140m(13:03/14:00)→エベレストBC5364m(16:41)

 

Lf1_p1030587
ポーターが持ち帰った登攀用具や荷物を整理し、ロブチェBCを後にする

 

Lf1_p1030592
ゴラクシェプのロッジで昼食  背景はカラバタール5550m

 

Lf1_p1030598
エベレストベースキャンプ  端から端まで30分以上かかる

 

 

4月24日:エベレストBC滞在

 

Lf1_p1030603
我々のテント村

 

Lf1_p1030606
手前左はトイレ  汚物を持ち帰るために、下には容器がセットされている

 

Lf1_p1030611
アイスフォール

 

Lf1_p1030607
プモリ7165m  翌日の地震発生直後、この山の雪崩がエベレストベースキャンプを襲うことになった。

 

« ロブチェ・イースト アプローチ編 | トップページ | ロブチェ・イースト 地震&帰国編 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ロブチェ・イースト アプローチ編 | トップページ | ロブチェ・イースト 地震&帰国編 »

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

秩父・多摩

中央アルプス・八ヶ岳周辺

無料ブログはココログ