フォト

最近のトラックバック

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月27日 (金)

丹沢山・みやま山荘の食事

 みやま山荘は丹沢山の頂上にある山小屋です。 2004年に建て替えられた清潔な山小屋で、食事が良いことでも有名です。

 

Y2015022100

 

2015年2月20日の夕食は焼肉でした。

Y2015022101
左下はデザートの桃缶

 

翌日の朝食は炊き込みご飯

Y2015022102


 

丹沢・鍋割山荘の食事

鍋割山荘は、丹沢・鍋割山の頂上にある山小屋です。 

 

Y2015022000

 

鍋焼うどんが名物で、わざわざ食べるために登ってくる人もいます。

Y2015022001
2015年2月20日 1杯1,000円でした。

 

Y2015022002
ほとんどの人が口頭で注文するので、その度に注意されていました。

 

 

次の写真は、2012年1月14日に初めて食べた時のものです。 この時も1杯1,000円でしたので、消費税が上がっても値段は据え置かれたようです。 

Y2012011401

 

2015年2月22日 (日)

丹沢主脈縦走(2015年2月20日~21日)

 区切りの年齢を過ぎて忙しい仕事から解放されたBecker氏を、金曜日からの丹沢縦走に誘った。 表丹沢県民の森の林道終点(ゲート前)までタクシーで行き、二俣から鍋割山経由で主脈に入るルートとした。 初日は標準コースタイムが約5時間だったので、鍋割山と塔ノ岳で大休憩をとり、15:30を目標に丹沢山みやま山荘に入る計画でスタートした。 翌日は蛭ヶ岳から丹沢主脈を縦走し、時間切れなら縦走路から北西に外れて東野か平丸に下山する計画とした。

 歩き始めて10分、大倉からの林道へ入るための分岐に入らず道なりに進んでしまい、30分のロスが発生したが、ほぼ予定通りに丹沢山みやま山荘に入ることができた。 

 

1日目:表丹沢県民の森ゲート(8:26)→二俣(9:25)→後沢乗越(10:26)→鍋割山(11:37/12:23)→塔ノ岳(13:57/14:16)→竜ヶ馬場(15:08)→丹沢山(15:37)

 

 

Rx100_dsc06754
鍋割山へ向かう尾根道  後沢乗越を過ぎてもなお急登が続く

 

Rx100_dsc06760
鍋割山荘名物の鍋焼きうどん

 

Rx100_dsc06774
鍋割山稜

 

Rx100_dsc06785
塔ノ岳

 

Rx100_dsc06823
丹沢山みやま山荘からの夜景 手前は大山

 

 

2日目:丹沢山(6:54)→棚沢ノ頭(8:06)→蛭ヶ岳(9:05/9:37)→姫次(11:25/11:48)→黍殻山(12:51)→焼山(13:47/14:05)→焼山登山口バス停(15:56)

 

Rx100_dsc06830
ご来光

 

Rx100_dsc06834
丹沢山からの朝の富士山

 

Rx100_dsc06850
風もなく暖かいので、急いで歩くのは勿体ない

 

Rx100_dsc06861
写真を何度も撮りながら、のんびり歩く

 

Rx100_dsc06866
檜洞丸の奥に南アルプス

 

Rx100_dsc06886
蛭ヶ岳の広い山頂からは、360度の大展望が広がる

 

Rx100_dsc06894
展望を惜しみつつ下山。 前方に大室山

 

 順調に下山して、丹沢主脈線の終点、焼山登山口バス停まで歩き切ることが出来た。 一泊二日の短い山行だったが、天気にも恵まれて、思い出に残るものとなった。 

 

 

2015年2月15日 (日)

雲竜渓谷(2015年2月13日)

 大人気の雲竜渓谷に、すいている平日狙いで行ってきた。 忙しいBecker氏のスケジュールを第一優先にしたので、2月も中旬にってしまい、氷柱・氷瀑の崩落が心配だったが、気温の低い日が数日続いていたこともあってか、無事に帰って来ることができた。

 

ゲート前駐車場(8:48)→雲竜渓谷入口(10:55)→雲竜渓谷→雲竜渓谷入口(13:17)→ゲート前駐車場(15:13)

 

Rx100_dsc06640
駐車場の先にすぐゲートがあり、暫く林道を進む

 

Rx100_dsc06713
林道から沢に下りると、何度か渡渉がある

 

Rx100_dsc06656
雲竜渓谷 最初の氷瀑

 

Lf1_p1020149
滝が氷柱になっている

 

Rx100_dsc06670
氷柱の裏側

 

Rx100_dsc06677
雲竜渓谷の一番奥にある雲竜瀑は巨大な氷瀑に成長していた

 

Rx100_dsc06702
三脚を使って記念の一枚
 

 

Rx100_dsc06710
大満足して帰路に着く

 

2015年2月 7日 (土)

畦ヶ丸(2015年2月2日)

 天気が良ければ赤城の地蔵岳から凍結した小沼を横断しようと計画していたのだが、前日から冬型の気圧配置が強まり、関東北部では降雪の予報が出た。 色々と悩んだ挙句、地蔵岳はやめて、まだ行ったことのない丹沢の畦ヶ丸(あぜがまる)に行くことにした。 

 5時に起床して軽く菓子パンを食べ、5時45頃に妻と共に自宅を出発した。 真っ暗だったが、南の空高くにはオリオン座がはっきりと見え、快晴の空であることが容易にわかった。

 

西丹沢自然教室(8:18)→権現山分岐(9:03)→下棚(9:13)→本棚(9:31)→善六ノタワ(10:32/10:40)→畦ヶ丸(11:28/11:58)→善六ノタワ(12:41)→権現山分岐(13:42)→西丹沢自然教室(14:18)

 

Rx100_dsc06571
海老名サービスエリアから朝焼けの富士が見えた

 

Rx100_dsc06577
西丹沢自然教室の駐車場からすぐに吊橋を渡る

 

Rx100_dsc06597
2時間ほどで明るい稜線に出る

 

Rx100_dsc06603
畦ヶ丸山頂1293m

 

Rx100_dsc06608
木々が邪魔をして山頂からの展望は良くない

 

Rx100_dsc06626
山頂で6本爪の軽アイゼンを履き、ピストンで来た道を戻った

 

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

秩父・多摩

中央アルプス・八ヶ岳周辺

無料ブログはココログ