フォト

最近のトラックバック

シャモニー2013

2013年8月28日 (水)

モンブラン登頂の後

 最短でモンブラン登頂を果たせたので、シャモニーで2日間の自由行動日ができた。ケンジさん夫妻の提案であったが、4人の総意で1日目はモンブランの展望台であるブレバンへロープウェイに乗って行くことにし、2日目はモンブラントンネルを通ってイタリアのアオスタに行くことにした。

 

自由行動1日目(8/15):ブレバン2525m~シャモニに戻り買い物

 

Rx100_dsc01577
ゴンドラ、ロープウェイを乗り継いで山頂へ

 

Rx100_dsc01581
山頂(展望台)のすぐ下から雲が湧き、モンブランの姿がなかなかはっきりと見えない

 

 

自由行動2日目(8/16):イタリア(アオスタ観光)

 

Rx100_dsc01675
シャモニのようなリゾートの街を想像していたが、歴史の街で一大観光地だった

 

Rx100_dsc01684
遺跡巡り

 

 

 8月17日、モンブラン登山ツアーを終えジュネーブから中継地ウィーンに向う飛行機からモンブランが見えた。今回の登山ルートだったボス山稜やモンブラン三山、グランドジョラスなどが見えて興奮した。 

Rx100_dsc01720

2013年8月26日 (月)

モンブラン登山(2013年8月12日~14日)

 8月12日午前8時、私達4人(ケンジさんご夫妻、アユミちゃん、私)が宿泊しているリッチモンドホテルの玄関に、山岳ガイドのジャンマークさん(51歳)、グレッシャーさん(51歳)、ロマンさん(42歳)が迎えに来た。 現地エージェントの神田美智子さんに顔合わせをしてもらい、ガイドの車に乗って登山電車の駅であるGare du Fayetまで行き、予約していた9:40発の登山電車に乗って登山口であるニ・デーグルに向った。 (ベルビューのレストランが火災になりロープウェイには乗れなかった。)

 ニ・デーグルから暫くは観光客も歩くトレッキング道だった。ガイドのリーダーはジャンマークで私達のペースに合わせて先導してくれたが、グレッシャーとロマンはずっとお喋りをしながらマイペースで登っていった。

 

 

モンブラン登山1日目:ニ・デーグル2372m(11:00)→テット・ルース小屋3167m(14:24)

 

Rx100_dsc01389
ニ・デーグルからテット・ルース小屋まではトレッキング道で、マイペースで歩かせてもらった。

 

Rx100_dsc01402
テット・ルース小屋に宿泊。疲れはまったくない。

 

Rx100_dsc01444
テット・ルース小屋からグーテ小屋を望む

 

Rx100_dsc01446
テット・ルース小屋の夕焼け

 

 

モンブラン登山2日目:テット・ルース小屋3167m(5:08)→グーテ小屋3800m(7:24/9:35)→バロ小屋4362m(11:37)→モンブラン山頂4810m(13:19/13:31)→グーテ小屋3800m(15:55)

 

Rx100_dsc01453
出発のの準備をするロマン。ここからはガイドとロープを結んで登る。

 

Rx100_dsc01455
約2時間の岩登りを終え、グーテ小屋に到着

 

Rx100_dsc01460
グーテ小屋で2時間の大休憩。いつ出発するのか心配になったが、疲れは完全にとれた。

 

Rx100_dsc01479
ドームのコルで立ち休憩。正面の岩の上にバロ小屋が見えた。

 

Rx100_dsc01482
バロ小屋でザックを下ろし、5分程の小休止

 

Rx100_dsc01484
バロ小屋から2つのコブを越え、頂上稜線へと続く。

 

Rx100_dsc01497
狭い雪稜になってからニセ山頂をいくつか越えると、明らかにそうと分かる山頂が現れた。

 

Nakano_image01
登頂!

 

Rx100_dsc01501
山頂手前の狭い雪稜。(30分ほど下山後振り返って撮影)

 

Rx100_dsc01506
16時前にグーテ小屋に到着。18時の夕食まで仮眠をとった。

 

 

モンブラン登山3日目:グーテ小屋(7:50)→テット・ルース小屋(9:25/10:49)→ニ・デーグル(12:38)

 

Rx100_dsc01519
悪名高いグランクーロアールのトラバースを行くアユミちゃんとガイドのグレッシャー。残雪が少ないため落石は轟音を立てながら落ちてくるので、危険度は低かったと思う。

 

Rx100_dsc01530
テット・ルース小屋でロープから解放され、ロマンとの1対1の登山も終了した。

 

Rx100_dsc01533
マイペースでニ・デーグル駅まで下山

 

Rx100_dsc01561
ホテルに戻り打ち上げ

2013年8月25日 (日)

シャモニーへ

 一昨年6月、登山電車が残雪のため動かず断念したモンブランに再び挑戦することにした。モンブランの(日本人の?)登頂率は20%~30%と言われていて、その理由を聞いたり調べたりしてみると天候によるものばかりで、実力不足で登れなかったという話は僅かであった。そこで今回は残雪の影響が無い8月中旬アタックとし、山小屋にも天候によっては最大3泊でき、ガイドもマンツーマンで4日間確保するという贅沢なH観光の企画に乗ることにした。 

 

8月10日:シャモニー1日目

アンデックス2385m(10:43)→ラック・ブラン2352m(12:13/14:08)→フレジェール1877m(15:21) 

 

Rx100_dsc01219
モンブランに初登頂を果たしたバルマの銅像の前で登頂成功を誓う

 

Rx100_dsc01264
ラック・ブランまで高度順応を兼ねた時差ぼけ解消ハイキングへ

 

Rx100_dsc01289
下山後、モンタンベールからメールドグラスの氷河へ

 

Rx100_dsc01293
氷河に開けられた横穴

 

 

8月10日:バレー・ブランシュでアイゼンとピッケルワークの訓練

エギーユ・デュ・ミディ3842m(8:01)→小ピーク(9:51/10:07)→エギーユ・デュ・ミディ3842m(12:30)

 

Rx100_dsc01308
エギーユ・デュ・ミディから狭い雪稜を下る

 

Rx100_dsc01315
バレー・ブランシュへと下り、アイゼンとピッケルワークの訓練 (左の高い山はグランドジョラス)

 

Rx100_dsc01337
半アイスの急斜面を登り小休止

 

Rx100_dsc01344
再びエギーユ・デュ・ミディへのナイフエッジを登り返し、訓練は終了。早めにホテルに戻り翌日からのモンブラン登山に備えることにした。

 

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

秩父・多摩

無料ブログはココログ