フォト

最近のトラックバック

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月30日 (土)

神宮外苑いちょう並木

Rx100_dsc02560

 

Rx100_dsc02570

 

Rx100_dsc02573

2013年11月27日 (水)

縞枯山(2013年11月22日)

 1971年の夏に、友達3人で白樺湖から蓼科山・北八ヶ岳縦走し麦草峠まで歩いたことがある。 1泊目は白樺湖畔でキャンプ、2泊目は蓼科山頂ヒュッテ、3泊目は縞枯山荘の3泊4日で、3人ともに初めての八ヶ岳登山だった。

 

Oo_00801

 

 それ以来蓼科山には2度、北横岳には3度登ったが、縞枯山と茶臼山は地味な山だけに登る機会が巡ってこなかった。

 

Oo_00902

 

 今回、新しく買った冬山装備のチェックということで、ロープウェイで標高2,200mまで行ける縞枯山・茶臼山に、四十数年振りに再訪することになった。 

  

ロープウェイ山頂駅(10:13)→雨池峠(10:32)→縞枯山(11:10)→展望台(11:42)→縞枯山・茶臼山の鞍部(12:05/12:20)→茶臼山(12:39)→茶臼山展望台(12:44)→鞍部(13:01)→五辻(13:37)→ロープウェイ山頂駅(14:17)

 

Rx100_dsc02474
坪庭からスタート

 

Rx100_dsc02480
縞枯山荘

 

Rx100_dsc02498
縞枯山頂上付近の縞枯帯

 

Rx100_dsc02503
樹林帯の中は雪が深い

 

Rx100_dsc02509
縞枯山展望台からの茶臼山

 

Rx100_dsc02532
茶臼山展望台

 

Rx100_dsc02551
4時間で坪庭に戻ってしまい少々物足りなかったが、久し振りの雪山に満足した一日だった。

2013年11月20日 (水)

表妙義縦走(2013年11月16日~17日)

 今年9月7日にBecker氏と計画したが降雨のため主稜線まで上がれなかった表妙義に改めて挑戦することになった。今回は快晴無風の絶好のコンディションの中、Becker氏、ケンジさんご夫妻と妙義神社をスタートした。

  

1日目:妙義神社P(7:15)→白雲山登山口(7:22)→大の字(8:34)→辻(8:44)→見晴(9:19/9:48)→大のぞき(10:28)→天狗岩(11:05)→タルワキ沢のコル(11:26)→相馬岳(11:50/12:50)→国民宿舎分岐(13:05)→茨尾根のピーク(14:02)→ホッキリ(14:14)→ホッキリ入口(14:37)→東屋(14:55)→タルワキ沢出合(15:27)→第二見晴(15:34)→第一見晴(15:56)→妙義神社南入口(16:06)→妙義神社P(16:16)

 

Rx100_dsc02290
道の駅みょうぎから、朝日に染まる白雲山

 

Rx100_dsc02309
紅葉は見頃

 

Rx100_dsc02318
見晴から、裏妙義越しの浅間山

 

Rx100_dsc02325
3連30mの鎖を登り切る

 

Rx100_dsc02341
スベリ台状30m鎖を下降

 

Rx100_dsc02349
表妙義最高点1103.8m 相馬岳

 

Rx100_dsc02370
堀切(ホッキリ)で時間切れ。一般道へ戻り、中間道経由で妙義神社へ戻る。

 

Rx100_dsc02401
この日は妙義グリーンホテルで宿泊

 

 

2日目:石門入口(8:48)→石門広場(9:07)→ホッキリ入口(9:41)→ホッキリ(10:09)→女坂分岐(10:31)→鷹戻しの頭(11:19)→中之岳(12:29/12:50)→主稜のコル(13:07)→石門分岐(13:23/13:30)→石門広場(13:35)→石門入口(13:47)

 

Rx100_dsc02407
ホテルからの表妙義全景

 

Rx100_dsc02415
2日目は石門入口から前日終了点のホッキリに戻る。写真は第四石門からの大砲岩。

 

Rx100_dsc02431
核心部、鷹戻しの登攀

 

Rx100_dsc02432
鷹戻し、最後の鎖

 

Rx100_dsc02436
鷹戻しの頭を越えて下降(ルンゼ内二段20mの鎖) 下の鎖で滑落事故が多いらしい

 

Rx100_dsc02442
岩峰を越えるBecker氏

 

Rx100_dsc02445
中之岳頂上から西岳(登山禁止)、奥に浅間山

 

Rx100_dsc02454
中之岳からの下降(二段15m鎖)

 

2013年11月 4日 (月)

金峰山(2013年11月1日)

 磐梯山に続き妻と二人で日帰り登山に行ってきた。3度目になるが自宅から近い百名山と言うことで金峰山に決めたのだが、大弛峠までの林道はやはり今回も長かった。

 

大弛峠(9:17)→朝日峠(9:47)→朝日岳(10:20/10:30)→五丈岩(11:36/12:16)→朝日岳(13:16)→朝日峠(13:47)→大弛峠(14:12)

 

Rx100_dsc02182
所々に縞枯れ現象が見られた

 

Rx100_dsc02185
朝日岳の頂上で西側の展望が開ける

 

Rx100_dsc02188
朝日岳からの金峰山

 

Rx100_dsc02197
金峰山頂手前のハイマツ帯からの瑞牆山、奥に八ヶ岳

 

Rx100_dsc02217
五丈岩

 

Rx100_dsc02234 
山頂付近の稜線は気持ちがいい

 

Rx100_dsc02272
大弛峠からの林道の紅葉が見事

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

秩父・多摩

中央アルプス・八ヶ岳周辺

無料ブログはココログ