フォト

最近のトラックバック

« 谷川岳(2013年4月25日) | トップページ | 木曽駒ヶ岳(2013年5月9日) »

2013年4月30日 (火)

硫黄岳(2013年4月28日~29日)

 ゴールデンウィーク前半は、新穂高ロープウェイに乗って北アルプスの稜線にある西穂山荘に行こうと思っていたのですが、前日夕方に穂高岳山荘のブログ(ぼちぼちいこか)を見て急遽取り止め、天気が安定している八ヶ岳(硫黄岳)に変更しました。

 信じられないことですが、連休だと言うのにこの日の赤岳鉱泉の宿泊者は30~40人ほど。前日の18時に予約したにもかかわらず個室が取れたのも納得です。もちろん宿泊者が少ないということは入山者が少ないということで、終始静かな春山登山が楽しめました。

 

1日目:美濃戸駐車場(13:02)→堰堤(14:02)→赤岳鉱泉(15:22)

 

Lx3_p1180194
赤岳鉱泉までは、アイゼンを付けずに歩きました。

 

Lx3_p1180212
その代わり、アイゼンとピッケルは担いで歩きます。

 

Lx3_p1180216
重い重いと言いながらも、予定通り赤岳鉱泉到着

 

Lx3_p1180219
個室は明るくて、暖かくて、9時の消灯後も常夜灯(豆電球)が点きます。

 

 

2日目:赤岳鉱泉(7:09)→赤岩の頭(9:14)→硫黄岳(9:47/9:53)→赤岩の頭(10:16)→赤岳鉱泉(11:18/12:03)→堰堤(12:59)→美濃戸駐車場(13:38)

 

Lx3_p1180239_2
森林限界を越えると厳しい登りになります。

 

Lx3_p1180246
山頂に雪はありませんでした。

 

Lx3_p1180251
来年は向こうの山に登りたいと妻。頼もしいです。

 

Lx3_p1180249
爆裂火口

 

Lx3_p1180255
下山。赤岩の頭へは広い雪稜のようですが、左側は雪庇です。赤岩の頭に一旦登ってから、雪庇を向こう側から巻くように下山ルートがとられています。

 

Lx3_p1180268
赤岩の頭から、高度感のある斜面をジグザグに5分も下りれば樹林帯になります。

 

Lx3_p1180280
赤岳鉱泉でピッケルをストックに代え、アイゼンは堰堤まで履いたまま下りました。

« 谷川岳(2013年4月25日) | トップページ | 木曽駒ヶ岳(2013年5月9日) »

コメント

このGWに八ヶ岳で静かな登山ができるなんて信じられません。
夫唱婦随?いや、今は婦唱夫随かな。ともかく奥様の希望をどんどん叶えてあげて
より技術レベルの高い山ガールにして差し上げてください。
余談ですがお二人の帽子はペアルックですか?

>>みっちー
いえいえ、ペアルックではありません。私のお古です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 谷川岳(2013年4月25日) | トップページ | 木曽駒ヶ岳(2013年5月9日) »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

秩父・多摩

無料ブログはココログ