フォト

最近のトラックバック

« 白馬スキー(2013年3月9日) | トップページ | 八ヶ岳・赤岳鉱泉の食事 »

2013年3月18日 (月)

赤岳(2013年3月15日~16日)

 いつかは行きたいと思っていた積雪期の赤岳、みっちーと話しているうちに段々と行ける様な気になってきて、当初は文三郎道からの往復なら可能だろうと思っていたのですが、今回好天にも助けられて地蔵尾根から文三郎尾根への周回コースで実現することができました。

 

1日目:美濃戸(11:08)→赤岳鉱泉(13:08)

  

B2013031501
美濃戸から北沢を通って赤岳鉱泉へ

 

Lx3_p1170661
赤岳鉱泉の背後に聳える横岳
 

 

 

2日目:赤岳鉱泉(7:17)→行者小屋(7:51/7:59)→地蔵の頭(9:17)→赤岳天望荘(9:24/9:33)→赤岳(10:16/10:27)→文三郎分岐(11:01)→行者小屋(11:44/12:08)→美濃戸(13:31)

  

Lx3_p1170686_2
行者小屋から八ヶ岳の主稜線を結ぶ地蔵尾根を直登

 

Lx3_p1170692
雪は適度に締まって歩き易く、早いペースで登れました。

 

B2013031602
このナイフリッジを超えると地蔵の頭に出ます。この日一番緊張した場面です。

 

Lx3_p1170699
地蔵の頭から赤岳頂上まではひと登り

 

Lx3_p1170700
頂上小屋からの赤岳頂上

 

Lx3_p1170707
10時16分、赤岳登頂

 

Lx3_p1170711
権現岳の向こうに南アルプス(北岳、甲斐駒ヶ岳、仙丈ヶ岳)

 

Lx3_p1170729
阿弥陀岳

 

Lx3_p1170741
硫黄岳、横岳

 

Lx3_p1170742
文三郎尾根で下山

 

動画

 

同行者みっちーのレポはこちらをご覧ください。

 

« 白馬スキー(2013年3月9日) | トップページ | 八ヶ岳・赤岳鉱泉の食事 »

コメント

天候に恵まれてとても楽しい山行でした。
今回は赤岳だけでしたが次の機会には阿弥陀岳や横岳にも行きましょう。

>>みっちー
今回はいい条件が揃って、とても楽しい山登りができました。
こんなにいい条件が揃えば、阿弥陀岳も横岳にも登れてしまいそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 白馬スキー(2013年3月9日) | トップページ | 八ヶ岳・赤岳鉱泉の食事 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

秩父・多摩

無料ブログはココログ