フォト

最近のトラックバック

« 師走になりました | トップページ | サハラ砂漠の砂で »

2012年12月20日 (木)

箱根山(2012年12月18日)

 初めて箱根の山に登りました。天下の嶮と歌われるだけあって、大涌谷から仰ぎ見た冠ヶ岳(かんむりがたけ)は、天を突く鋭峰でした。

 

大涌谷(8:53)→冠ヶ岳(10:00)→神山(10:19)→駒ヶ岳分岐(10:59)→駒ヶ岳(11:29)→駒ヶ岳分岐(11:51/12:06)→お中道→大涌谷(13:33) 周回

 

Lx3_p1160889
大涌谷よりまず冠ヶ岳を目指して登山開始

 

Lx3_p1160901
富士山

 

Lx3_p1160906
冠ヶ岳は全く展望がありません

 

Lx3_p1160912
箱根山最高峰の神山(かみやま)の一等三角点

 

Lx3_p1160927
駒ヶ岳への最後の登り

 

Lx3_p1160928
駒ヶ岳山頂は雲の中

 

Lx3_p1160930
展望は全くありません

 

Lx3_p1160950
再び大涌谷へ

« 師走になりました | トップページ | サハラ砂漠の砂で »

コメント

何年か前に家族で大涌谷へ行った際に黒卵の売店の少し上の展望台まで行きました。独りだったらきっとその先へ続く登山道を辿ったに違いありません。
何度も云いますが夫婦で山登り出来るヒロヒサ君が羨ましいかぎりです。
二枚目の冠岳の写真は山が傾いているのか写真が傾いているのかどちらでしょうか?
それと駒ケ岳の山頂に転がっている四角い石は自然石ですか?

>>みっちー君
ご質問にお答えします。
冠ヶ岳の山頂は傾いています。そのうち崩れるでしょう。
駒ヶ岳の山頂の四角い石は、山岳信仰の祭祀跡だそうです。不思議な光景でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 師走になりました | トップページ | サハラ砂漠の砂で »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

秩父・多摩

無料ブログはココログ