フォト

最近のトラックバック

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月31日 (火)

笠ヶ岳山荘の食事

笠ヶ岳の山頂近くにある小さめの小屋です。

Y2009090300

 

2009年9月3日の夕食。いいでしょう?

Y2009090301

 

朝食

Y2009090402

SOYJOY付きでした。

 

燕山荘の食事

燕山荘は、山小屋ランキングで常に上位に入っている超人気の山小屋です。

Y2009112000

 

2009年11月20日の夕食、ボリュームたっぷりです。

Y2009112001

 

翌日の朝食。朝から沢山のおかずがでます。

Y2009112102

2010年8月30日 (月)

尾瀬・山の鼻小屋の食事

山の鼻小屋は、至仏山の東面登山道の登山口にあります。

お風呂や、ウォシュレット付きのトイレもあるきれいな山小屋です。

山小屋というより、旅館に近いかも。

Y2010073000

 

2010年7月31日の夕食です。

Y2010073001

とっても豪華。これに、お吸い物のうどんが出ました。

 

翌日の朝食は弁当にしてもらいました。

Y2010080102

たまごの下の紙包みは、おにぎり2コでした。

北沢峠・長衛荘の食事

北沢峠バス停前の山小屋です。

バス道路に面している山小屋にしては、少し料理が物足りなかったです。

ヘリ荷揚げやボッカの必要は無い筈ですから、もう少しなんとかして欲しい食事でした。美味しかったですけど。

 

2階の大広間
Y2010081009

 

2010年8月10日の夕食です。
Y2010081001
メインは豚の角煮。南瓜の煮物とサラダに、デザートが添えられていました。

 

2010年8月24日 (火)

唐松岳・五竜岳 (2010年8月20日~21日)

 毎年恒例の白馬の集い。学生時代の仲間が今年は11人集まりました。その中の山好き4人で、唐松岳から五竜岳を縦走してきました。

  

1日目:八方池山荘(10:41)→八方池(12:19)→扇雪渓(13:14/13:37)→丸山ケルン(13:54)→唐松岳頂上山荘(14:52/15:06)→唐松岳(15:30/16:09)→唐松岳頂上山荘(16:29)

Lx3_p1060770
八方のゴンドラを降りて暫くは、ガスが多くて心配でした。

 

Lx3_p1060795
丸山ケルンを過ぎると、不帰ノ嶮がよく見えるようになりました。なかなか迫力のある岩壁です。

 

Lx3_p1060797
ゆっくりと高度を上げて行きます。

 

Lx3_p1060805
すると、唐松岳頂上山荘は突然現れます。(14:49)

 

Lx3_p1060813
山荘で受付を済ませてから、唐松岳に登りました。

 

Lx3_p1060857
 夕食後、山荘裏の小ピークに登ったら、ダイヤモンド唐松岳が見られました。思いもかけないご褒美に、あちこちで歓声があがりました。(18:18)

 

Lx3_p1060874
 雲が段々と切れて、剱岳が浮かび上がってきました。時々刻々変わってゆく幻想的な風景に、皆時間を忘れ見とれていました。(18:43)

 

2日目:唐松岳頂上山荘(5:00)→五竜山荘(8:15/8:22)→五竜岳(9:37/9:50)→五竜山荘(10:40/11:07)→大遠見(12:49)→小遠見分岐(13:56)→地蔵ノ頭(14:55)→テレキャビン乗り場(15:15)

Lx3_p1060888
歩き始めは5時丁度。5:09に御来光でした。

 

Lx3_p1060892
剱岳にも朝日が当たり、赤く染まってきました。(5:13)

 

Lx3_p1060895
これから歩く稜線と、それに続く五竜岳も赤く染まりました。(5:13)

 

Lx3_p1060901
朝日を浴びて、さあ難所の牛首の下りです。(5:23)

 

Lx3_p1060909
トラバースも緊張します。(5:38)

 

Lx3_p1060944
やっと五竜山荘に着きました。少し休んで、奥の五竜岳を往復します。

 

Lx3_p1060952
振り返ると五竜山荘が小さく見えました。まだまだ急な登りが続きます。

 

Lx3_p1060956
五竜岳頂上直下は、両手を使って岩登りです。手を振る余裕なんてない筈ですよ。

 

Lx3_p1060960
あと1分で山頂。すれ違いは少し緊張します。

 

Lx3_p1060966
五竜岳山頂。 みんな元気に登頂できました。

  

 天候にも恵まれて、楽しい、嬉しい、気持ちいい登山でした。やっぱり山はいいなぁ。みなさんありがとう。

 

2010年8月14日 (土)

ピスコ峰 スキー滑降の動画

 ピスコ峰登頂でご一緒し、さらに世界で一番美しい山「アルパマヨ」、さらに6000m峰の「キタラフ」の登頂を成功され、先日帰国した青空山岳会さんから写真を送って頂きました。有難うございました。その中に私のスキー滑降の動画がありましたので、掲載させていただきます。

2010年8月13日 (金)

甲斐駒ヶ岳 (2010年8月11日)

 仙丈ヶ岳の翌日は、甲斐駒ヶ岳に登りました。甲斐駒ヶ岳は2008年に黒戸尾根から約9時間かけて登りました(記事)が、標高2000m超の北沢峠からは僅か4時間7分で登ることができました。

北沢峠・長衛荘(4:56)→双児山(6:45)→駒津峰(7:32/7:45)→甲斐駒ヶ岳(9:03/9:25)→摩利支天への途中で降雨引き返し→駒津峰(10:51)→仙水峠(11:49)→仙水小屋(12:22)→北沢峠(12:53)

 

 午後から雷雨の予報だったので、この日は早めの行動を心掛けました。4時起床。まずは、昨晩渡された弁当と、セルフサービスの味噌汁を食べました。(長衛荘の朝食は全員例外なく「弁当」です。従って朝食時間は決まっていません。) 食事をしていると、ヘッドランプをつけて皆続々と出発して行きます。食事を終えて、荷物の整理やら身支度をしている頃になると外は明るくなっていて、山小屋には誰もいなくなってしまいました。みんな早いです。

B2010081105
駒津峰で展望が開けました。近くの山々だけでなく、雲の隙間から中央・北アルプス、富士山などが望めました。

 

B2010081101
山頂手前の直登コース 。山頂はガスで見えません。

 

B2010081102
直登コース は、高度感があります。

 

B2010081108
山頂の展望はゼロ

 

B2010081104
帰りはザレた巻き道。軽快に下れます。

 時間も早かったので摩利支天に寄ろうと思っったのですが、途中から雨が降り出し、ガスも濃くなったため引き返しました。それからは、雨の中をひたすら下山。13:05のバスに乗ることができました。(これを逃すと15:30の最終バスになってしまう。)

2010年8月12日 (木)

仙丈ヶ岳 (2010年8月10日)

 年に1度だけ一緒に登山に行くイッシーさん、今週は夏休みということで、急に仙丈ヶ岳・甲斐駒ヶ岳登山が決まりました。芦安市営駐車場に車を止めて、始発バス(5:10)で広河原乗換えで北沢峠まで行きました。予約していた長衛荘で受付手続きを済ませ、初日は行動時間の短い仙丈ヶ岳に登ることにしました。

北沢峠(7:35)→大滝ノ頭(9:03/9:40)→小仙丈ヶ岳(10:40)→仙丈ヶ岳(11:45/12/02)→馬ノ背ヒュッテ(13:01/13:15)→大滝ノ頭(13:51)→北沢峠長衛荘(15:03)

 

 バタバタと家を出たので、不覚にもデジカメを忘れてしまいました。掲載写真はiPhoneで撮影したものです。暗いので、レタッチソフトで明るくしてみました。iPhoneのカメラ性能は良くないです。

B2010081001
イッシーさんの友人NSさんと

 

 何の花だかわかりませんが、黄色い花が綺麗に咲いていて、回りをシカの食害から守るネットが張られていました。

B2010081003

 台風4号の影響で、午後1時から土砂降りになりました。

B2010081004

 ゴアテックスの雨具を着ていたのですが、あまりの暑さで噴き出た汗が、透湿性能を上回っていたようです。宿に帰って雨具を脱ぐと、内側もかなり濡れていました。

2010年8月 7日 (土)

黙阿弥オペラ

 ホリプロの株主優待チケット(半値)をゲットして、観に行ってきました。元々、新作「木の上の軍隊」を上演する予定だったようですが、井上ひさしが急逝してしまったため、同じキャスト(吉田剛太郎、藤原竜也、北村有起哉)に数人加えて、15年前の傑作「黙阿弥オペラ」を再演することになったようです。

B2010080501_2

B2010080502_2

 井上ひさしの演劇は、とにかく台詞量が膨大なためついて行くだけでも大変で(野田秀樹の場合もそうですが)、一言聞き逃して立ち止まると流れの先を見失います。でも今回はキャスト全員が良かったです。膨大な台詞を早口で喋っても、歯切れが良く心地よく感じました。蜷川幸雄に鍛えられた藤原竜也は期待通りでしたが、 北村有起哉の演技・声・台詞回しは特に素晴らしかったと思います。

2010年8月 2日 (月)

尾瀬・至仏山 (2010年7月31日~8月1日)

 Becker氏の山行計画に飛び入り参加する形で、至仏山に登ってきました。Becker氏が登山計画書を作成して、山小屋の予約や登山届の作成など全ての準備をしてくれていました。Beckerさん、ありがとう。

 

1日目:鳩待峠(13:10)→山ノ鼻(14:00/14:30)→尾瀬ヶ原散策→山ノ鼻小屋(17:00)

Lx3_p1060142
燧ヶ岳

 

Lx3_p1060145
夕方の尾瀬ヶ原はすいています。

 

Lx3_p1060154
時間をかけてゆっくり観察しました。

 

 

2日目:山ノ鼻小屋(5:06)→登山口(5:19)→高天ヶ原(8:42)→至仏山(9:24/9:53)→小至仏山(10:47)→鳩待峠(12:56)

 山ノ鼻から至仏山への登山道は思っていたよりも足場の悪い岩場が多く、しかも標高差800mを直登するのは、酷暑の中正直疲れました。みんなも疲れている筈なのに、カメラを向けると元気な笑顔が返ってきます。

Lx3_p1060222

 

Lx3_p1060229

 

Lx3_p1060241
山頂はガスで、展望はありませんでした。

 

Lx3_p1060252
オヤマ沢田代もガスがかかっていましたが、ワタスゲが綺麗でした。

 

Lx3_p1060257
みんな笑顔で、鳩待峠ゴール

 

出会った花たち

Lx3_p1060164  Lx3_p1060234 

Lx3_p1060235  Lx3_p1060238 

Lx3_p1060244  Lx3_p1060253    

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

秩父・多摩

中央アルプス・八ヶ岳周辺

無料ブログはココログ