フォト

最近のトラックバック

« ピスコ峰登山の経過 | トップページ | ピスコ峰登頂(登頂編) »

2010年7月15日 (木)

ピスコ峰登頂(高度順応編)

2010年7月4日(日)  リマ→コノコーチャ峠→カルアス

 リマの空港近くにあるホテルを午前8時過ぎに出発して、海岸沿いにパンアメリカン・ハイウェイをただひたすら北上します。約3時間後にバランカという海辺の街でシーフードの昼食を取った後、まもなく車はパンアメリカン・ハイウェイから離れ、山に向かって標高を上げて行きます。

 16時ごろ車はコノコーチャ峠(4050m)を越え、ここではじめての高度順応のためのハイキングです。

Lx3_p1050518

 ゆっくりとしたペースで、ゆるやかな丘を登ります。ガイドの平岡さんから、「高度を感じて下さい。高度を感じることが大切です。」と声が掛かります。気分はどうか、息苦しくないか、体は動くか、自分の体に変化はないかチェックしてみます。なんとなく重たい感じがしましたが、富士山頂よりも標高が高い実感はありませんでした。

 40分程のハイキングを終え、再び車に乗り込み、今度は標高をぐんぐん下げてカルアスという街に到着しました。標高2650m、この街のホテルに2連泊します。

 

7月5日(月)  カルアス→プンタ・オリンピカ峠→カルアス

 8時過ぎホテルを出発した車は、5分も経たぬうちに山道に入って行きます。八ヶ岳の美濃戸口→美濃戸のような悪路で、体が上下左右に大きく振られます。八ヶ岳ならものの15分、標高差で200m程度ですが、ここプンタ・オリンピカ峠は3時間も揺られて標高4890mの最高地点に到達します。

 最高地点でバスを降り、車道を引き返しながら下山し、高度順化を図ります。

Lx3_p1050605

 昼食を挟んで、約3時間歩きました。

 

7月6日(火)  カルアス→ヤンガヌコ峠→ピスコ登山口キャンプサイト

 この日の高度順化はピスコの登山口近くです。途中美しい氷河湖がありました。

Lx3_p1050649

 ヤンガヌコ峠は標高4767m、この日は車道ではなく登山道(インカ道らしい)をハイキングです。横には、車で登って来たいろは坂のような車道が見えました。

Lx3_p1050668

 やっと登山らしくなりました。

Lx3_p1050669

 この日は、車道と合流するまでの1時間半程でハイキングは終了。再び車に乗って、やっとピスコ登山口のキャンプサイトに到着です。

Lx3_p1050686

 早速立派な食堂テントでランチでした。

Lx3_p1050688

 

 ピスコ峰登頂(登頂編)はこちら

« ピスコ峰登山の経過 | トップページ | ピスコ峰登頂(登頂編) »

コメント

へーっ、ペルーって世界遺産の写真くらいしか見たことないけど、こんなんだ!!まるでチベットだね。
えらいとこ行って来たんだネ。

ところで、どうしてここにいったんだっけ?たぶん聞いたけど忘れちゃったです。師匠の誘いとは思うけど。

師匠の誘いです。
ヨーロッパアルプスに行こうとしたら、その前にピスコに行って経験を積んだ方が良いと言われました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ピスコ峰登山の経過 | トップページ | ピスコ峰登頂(登頂編) »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

秩父・多摩

中央アルプス・八ヶ岳周辺

無料ブログはココログ