フォト

最近のトラックバック

« 鏡開き | トップページ | ハト »

2010年1月16日 (土)

金峰山 撤退 (2010年1月15日)

瑞牆山荘(7:15)→富士見平小屋(8:17)→大日小屋(9:29)→大日岩(10:33/10:51)→砂払ノ頭(12:20/13:20)→大日岩(14:12)→大日小屋(14:43)→富士見平小屋(15:31)→瑞牆山荘(16:08)

 ミッチー君と冬の金峰山に行ってきました。私は2度目の金峰山で、前回はBecker君と2007年10月に大弛峠から登りました。今回は大弛峠までの林道が冬季通行止となっていることもあり、瑞牆山荘からの登山となりました。

P1040235n

 今回の瑞牆山荘からのルートは、ハイマツ帯の開けた稜線歩きを楽しめるコースだったのですが、ハイマツ帯に出るまでの樹林帯の雪が登るにつれて深くなり、かなりの体力を消耗しました。

P1040232n
大日岩

 その上、ミッチー君は年末年始の不摂生で筋肉質の体が激太り、ブタさんになっていました。そして、ハイマツ帯に辿り着いたところ(砂払ノ頭)で、時間切れとなりました。

P1040253n
砂払ノ頭(山頂まであと1時間のポイント)

P1040243n
金峰山頂と五丈岩

B2010011502

 雪山登山は予想以上に時間がかかるようです。この日、我々の他には単独1名が先行して登っていましたが、同じく「砂払ノ頭」で引き返しておりました。

« 鏡開き | トップページ | ハト »

コメント

思わぬ体力の消耗shockお疲れ様でした

3キロ重くなっていなくとも きつい雪山登山だったのかもね! アイゼンを使って足も重かったでしょう?
でも天気はよかったみたいですね 富士山も見えたと思います

Hirohiroさま、私のブログにおいでいただき、またご教示いただき、ありがとうございました。

お陰様ですべて表示できるようになりました。

今後ともよろしくお願いします。

この記事へのコメントは終了しました。

« 鏡開き | トップページ | ハト »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

秩父・多摩

無料ブログはココログ