フォト

最近のトラックバック

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月28日 (月)

八ヶ岳 (2009年9月26日~27日)

年に1度は一緒に登山に行こうと約束しているイッシーさんが、是非山小屋泊まりがしてみたいとの希望で、彼とは今年2度目の登山になりました。

1日目:美濃戸(8:30)→行者小屋(10:53/11:08)→中岳のコル(12:04)→阿弥陀岳(12:33)→赤岳(14:34)→赤岳天望荘(15:00)
2日目:赤岳天望荘(7:35)→横岳奥の院(8:49)→硫黄岳山荘(9:37)→硫黄岳(10:15/10:30)→赤岳鉱泉(11:43/12:19)→美濃戸(13:35)

P1030126n
阿弥陀岳

P1030132n
赤岳

P1030164n
赤岳天望荘からの展望(横岳、硫黄、天狗、蓼科へと続く稜線)

P1030197n
横岳の難所

P1030205n
硫黄岳への登り

 

2009年9月20日 (日)

ファンキー・モンテヴェルディ!

 昨日、アントネッロ第3回定期公演 「ファンキー・モンテヴェルディ!」を聴きに行きました。この世界は余程の音楽好きでなければ聴くことはないでしょう。モンテヴェルディは、バロック以前(つまりキチンとした楽譜が残っていない時代)の音楽家で、アントネッロはそのような古楽を得意とする音楽グループです。訳あって何度か聴きに行っていますが、第2回定期公演でいたく感動し、今回も聴きに行きました。今回は歌が中心で、音楽監督の濱田さんのお話では、その歌詞は相当ファンキーであるとのこと。対訳を読んでみると確かに赤面するというかアホかという内容で、この時代にこんな表現をすれば日本では百叩きものだと思いました。まあ、そんな歌のコンサートのような公演だったのですが、カウンターテナーの弥勒忠志(みろくただし)さんの高く澄んだ歌声は、2度のアンコールでは足りないほど素晴らしいものでした。

B2009091901

出演:アントネッロ
     彌勒忠史(カウンター・テナー)
     西山まりえ(チェンバロ/バロック・ハープ) 
     石川かおり(ヴィオラ・ダ・ガンバ)
     濱田芳通(音楽監督/リコーダー/コルネット)

2009年9月17日 (木)

Wiiストラップ

Wiiスポーツが流行った頃、ストラップのひもが切れてWiiリモコンが飛んで行く事故が発生したらしい。ストラップのひもは0.6mmから1.0mmになり、その後事故は無くなったようです。

B2009091700

そんなに強いストラップが4本でたったの890円で買えるのです。

B2009091701

私は、カメラのストラップとして愛用しています。

B2009091702

汚れたので、今日、新品に交換しました。

2009年9月 7日 (月)

笠ヶ岳 (2009年9月3日~4日)

新穂高温泉から笠新道で標高差1800mを一気に登りました。メンバーは、早月尾根から剱岳黒戸尾根から甲斐駒ヶ岳を登ったいつもの4人です。年に一度、体力勝負の山行です。

1日目:新穂高バスターミナル(6:41)→笠新道入口(7:43)→杓子平(11:38)→抜戸岳分岐(13:26)→笠ヶ岳山荘(14:47/15:06)→笠ヶ岳(15:18)→笠ヶ岳山荘(15:30)

2日目:笠ヶ岳山荘(6:00)→抜戸岳分岐(7:03)→秩父平(8:04)→大ノマ乗越(9:23)→弓折岳(9:43)→弓折乗越(10:01)→鏡平山荘(10:30/11:12)→シシウドヶ原(11:42)→秩父沢(12:28)→わさび平小屋(13:22)→林道ゲート(14:25)

P1020988n
杓子平からの急登

P1020975n
タテヤマウツボグサ

P1030010n
笠ヶ岳

P1030016n
山頂

P1030059m
稜線歩きは気持ちがいい

P1030059n
秩父平へ下りる

P1030062n
ハクサンイチゲ

P1030082n
秩父沢で一瞬の青空

2009年9月 1日 (火)

アフリカの切手

姪のお土産に買ってきた切手です。

P1020962n

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

秩父・多摩

中央アルプス・八ヶ岳周辺

無料ブログはココログ