フォト

最近のトラックバック

« ザック丸洗い | トップページ | 四阿山(あずまやさん) (2009年8月21日) »

2009年8月24日 (月)

キリマンジャロ登山のトイレ事情

 今後登頂を目指す方のために、キリマンジャロ登山の一般ルートであるマラングルートのトイレ事情について、少しだけ記述しておきます。

 女性の青空トイレは、標高が高くなるにつれて難しくなって行きます。1日目の熱帯雨林帯と2日目の草原帯では、難なく適所が見つかりますが、標高4000mを超える辺りから青空トイレは困難になって行きます。私が参加したツアーでは、登頂アタック日の未明、真っ暗闇の登山道の岩陰で用を足された女性がいました。星空トイレですね。後にご本人からお話しを伺いましたが、明るくなったらできないので暗いうちにしておいたそうです。

 設備としてのトイレは、私が観光旅行に行ったことのあるインド、ブータン、チベットなどの僻地に比べれば充実していると思います。標高2700mの山小屋マンダラハットと、3700mのホロンボハットでは水洗トイレが少なくとも1つはありました。(ただし、女性用の水洗トイレはどちらも流れが悪かったようです。) 基本は和便器のポットンですが、寒いせいか或いは深いせいか分かりませんが、臭いませんので快適です。たまに便座のない洋便器もあり、中腰で用を足たされた方もいましたが、私は和便器が空くまで待っていました。

P1020681n
 マンダラハットのトイレ。他にも幾つかあります。

P1020680n
 左側の個室が和式です。床は乾いていてキレイでした。

P1020424n
 右側の個室は、和式の上に洋便器を取り付けたものと思われます。この便器にはちゃんと便座がついていました。

 

P1020619n
 キボハットのトイレ

P1020569n
 中はこんな感じ。奥の板壁に隙間がありますが、崖のため誰も覗けません。

 

 登山道には、山小屋と山小屋との中間あたりに、ランチのためのテーブルと椅子が設置されています。そしてそこから少し離れたところにトイレが設置されています。つまり、ランチの時にはトイレが可能です。

P1020580n
 標高4200m付近にあるトイレ。砂礫地帯で青空は困難です。ホロンボハットとキボハットの間には、こんなトイレが2ヶ所ありました。キボハットから上にはトイレはありませんでした。

« ザック丸洗い | トップページ | 四阿山(あずまやさん) (2009年8月21日) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ザック丸洗い | トップページ | 四阿山(あずまやさん) (2009年8月21日) »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

秩父・多摩

中央アルプス・八ヶ岳周辺

無料ブログはココログ