フォト

最近のトラックバック

« 一陽来復 | トップページ | 初詣 »

2008年12月30日 (火)

一陽来復(その2)

micmot1113君、コメントありがとう。

そう、この御守は受けるだけではダメで、お祭りしなければならないのです。日時は、冬至、大晦日、節分のいずれかの日の夜の12時。場所と方向は毎年異なります。今年は、西の柱か壁のなるべく高い場所に、東より少し北に向かって貼り付けるのです。

B20081228c

明日、忘れずに貼らなくては。

« 一陽来復 | トップページ | 初詣 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一陽来復(その2):

« 一陽来復 | トップページ | 初詣 »

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

秩父・多摩

中央アルプス・八ヶ岳周辺

無料ブログはココログ