フォト

最近のトラックバック

登山、スキーの記録

2021年11月25日 (木)

秋山・二十六夜山(2021年11月12日)

 二十六夜山は2座あって、区別するために一つは道志二十六夜山と呼ばれ、今年7月に今倉山から縦走した。 もう一つは秋山二十六夜山と呼ばれ、今回登ることにした。 

 

下尾崎(9:12)→防獣柵(9:22)→廿六夜碑(10:37)→二十六夜山(10:42)→廿六夜碑(10:37)→廿六夜碑(10:44/11:08)→防獣柵(11:56)→下尾崎(12:06)

 

Tg5_pb121893
下尾崎バス停近くの駐車スペースに車を置きスタート

 

Tg5_pb121895
かつては信仰登山が盛んに行われていたようだ

 

Ip12h_img_0395
まずは畑の中を登って行く

 

Ip12h_img_0397
ジグザクと急登

 

Ip12h_img_0401
紅葉が始まっていた

 

Tg5_pb121920
天気が良くて気持ちがいい

 

Ip12s_img_3314
もう少し

 

Tg5_pb121923
廿六夜碑

 

Tg5_pb121926
二十六夜山 山頂 971.7m

 

Ip12h_img_0405
廿六夜碑に戻って大休憩後、下山

 

2021年11月 6日 (土)

鎌北湖から物見山(2021年11月3日)

 妻のリハビリ登山のために、秩父の未踏の登山道の中から比較的コースタイムの短い、鎌北湖から物見山~スカリ山を周回した。 鎌北湖の紅葉はまだ早く、ほとんどのモミジは青々と茂っていた。

 

鎌北湖第1駐車場(8:30)→宿谷の滝(9:01)→物見山(9:47/10:10)→北向地蔵(10:40)→観音ヶ岳(10:50)→スカリ山(11:03/11:23)→エビガ坂(11:36)→鎌北湖第1駐車場(12:26)

 

Tg5_pb031823
鎌北湖第1駐車場の裏からスタート

 

Tg5_pb031830
登山道は明瞭だが狭い

 

Tg5_pb031836
宿谷の滝(しゅくやのたき)

 

Tg5_pb031845
相変わらず鬱蒼としている

 

Tg5_pb031852
物見山へ

 

Tg5_pb031854
山頂標識は展望の良いところにある

 

Tg5_pb031856
物見山 三角点 375.3m

 

Tg5_pb031873
スカリ山 434.9m

 

Tg5_pb031878
エビガ坂から下山路へ

 

Ip12_img_0355
鎌北湖の紅葉はまだ早かった

 

 

2021年11月 4日 (木)

長者ヶ岳(2021年10月23日)

 雪を被った富士山を拝みに、田貫湖畔の休暇村を予約し宿泊した。 ホテルの裏山は天子山地の長者ヶ岳であり、山頂を往復するとコースタイムが3時間半のため、ホテルの朝食を済ませてから出発することにした。

 

休暇村富士(7:56)→長者ヶ岳(9:59/10:20)→休暇村富士(11:54)

 

Tg5_pa231727
朝起きてカーテンを開けると、部屋の真正面に富士山が見えた

 

Tg5_pa231731
駐車場の裏からスタート

 

Tg5_pa231736
登山口

 

Tg5_pa231745
駿河湾と、その向こうに伊豆半島が見えた

 

Tg5_pa231758
稜線歩き

 

Tg5_pa231760
長者ヶ岳 1335.8m

 

Tg5_pa231766
富士山と田貫湖

 

Tg5_pa231775
広い稜線を戻る

 

Tg5_pa231783
休暇村まで下山

 

Tg5_pa231785
ホテルに戻り、日帰り温泉に入って昼食をとってから帰宅した

 


 

2021年10月18日 (月)

飯豊連峰縦走(2021年10月7日~10日)

 S社で募集していた日高山脈の幌尻岳登頂ツアーを申し込んでいたが、コロナ禍の影響で登山道が閉鎖となり中止となった。 そこで、個人では行きにくい飯豊連峰の縦走に変更した。 切合小屋、尾西小屋、頼母木小屋の3泊で、川入から入り奥胎内まで歩く行程で、縦走路から外れる大日岳、朳差岳にも立ち寄る大縦走の計画だ。

 縦走前日、JR磐越西線・山都駅に15時に集合し、登山口近くの温泉施設「いいでのゆ」に前泊した。

Tg5_pa061408
東北新幹線で郡山乗り換え、磐越西線で山都へ

 

Tg5_pa061411
山都駅

 

Tg5_pa061417
「いいでのゆ」で前泊

 

 

10/7:御沢野営場(5:09)→横峰(8:05)→地蔵山下分岐(9:04)→三国小屋(10:25/10:46)→切合小屋(12:37)

 

Tg5_pa071427
4:30宿の車で御沢野営場に行き、5時過ぎにヘッドランプで出発

 

Tg5_pa071443
樹木が低くなり、展望がよくなってきた

 

Tg5_pa071456
山も見えてきた

 

Tg5_pa071461
剣ヶ峰の岩稜

 

Tg5_pa071483
切合小屋に到着。 皆、健脚で2時間早く小屋に着いた。

 

 

10/8:切合小屋(8:25)→姥権現(9:23)→本山小屋(10:45/11:06)→飯豊山(11:21/11:30)→御西小屋(13:10)

 

 5時朝食、6時出発の予定だったが、夜半からの強風が未明まで続き、出発を2時間半遅らせることになった。 このため、この日予定していた縦走路から外れる大日岳の往復登山は中止となってしまった。 大日岳は飯豊連峰の最高峰のため残念な決定であった。

 

Tg5_pa081500
出発を遅らせたため風は落ち着いたが、ガスが濃くて展望はよくない

 

Tg5_pa081505
アップダウンが少なくて、歩きやすい

 

Tg5_pa081511
御秘所の岩場

 

Tg5_pa081524
飯豊山 2105m  ここで雨具を着ることになった。

 

Tg5_pa081531
尾西小屋到着  天気悪く、大日岳をスキップして良かったと思った。

 

 

10/9:御西小屋(5:45)→烏帽子岳(8:40)→梅花皮小屋(9:34/9:45)→北股岳(10:24/10:35)→門内小屋(11:41/12:01)→地神山(13:01/13:10)→地神北峰(13:22)→頼母木小屋(14:09)

 

Tg5_pa091539
行けなかった大日岳 2128m

 

Tg5_pa091557
滝雲

 

Tg5_pa091562
御手洗池(みたらしのいけ)からの烏帽子岳 2108m

 

Tg5_pa091591
梅花皮(かいらぎ)小屋

 

Tg5_pa091600
北股岳 2025m

 

Tg5_pa091607
二ツ峰の奥の緩やかな山容は、二王子岳

 

Tg5_pa091608
4日間の縦走の中で、天気も展望も最高の1日だった

 

Tg5_pa091609
最高のお天気

 

Tg5_pa091614
門内岳 1887m

 

Tg5_pa091631
頼母木山(たもぎやま) 1730m

 

Tg5_pa091633
頼母木小屋 到着

 

Tg5_pa091643
夕方になると次第に晴れてきた

 

 

10/10:頼母木小屋(5:17)→朳差分岐(5:58/6:09)→朳差岳・避難小屋(7:45/8:17)→朳差分岐(9:38/10:01)→御用平登山口(13:45)

 最終日は日本二百名山の朳差岳(えぶりさしだけ)に寄ってから下山となる。 主稜線から朳差岳への分岐点にテントを張り、荷物をデポし、雨具・行動食・水・防寒具だけの荷物で朳差岳を往復した。

  

Tg5_pa101669
手前の鉾立峰を越えて、一番奥の朳差岳を目指す。

 

Tg5_pa101678
右奥が朳差岳1636m

 

Tg5_pa101681
朳差小屋の奥に山頂

   

Tg5_pa101701
下山

 

Tg5_pa101708
下山は今まで以上に緊張する

 

Tg5_pa101714
あと5分

 

Tg5_pa101716
奥胎内ヒュッテで入浴

 入浴後タクシーで羽越本線中条駅へ行き、16:45解散となった。 羽越本線に20分乗って、新潟駅から新幹線で東京駅まで帰った。 20時過ぎになっていた。

 

2021年10月 5日 (火)

陣馬山(2021年9月26日)

 当初は、埼玉県北西部で西上州に近い山奥の「南天山1483m」を計画していた。 7時に談合坂で待ち合わせたのだが、天気予報を確認すると降雨の確率が高くなってきたので、目的の山を急遽変更することになった。 南関東は天気が持ちそうだったので、東京都八王子市と神奈川県相模原市との境界にある「陣馬山855m」に転進することになった。

 陣馬高原下の有料駐車場に1台停め、和田峠からスタートした。

 

和田峠(9:35)→陣馬山(10:09/10:59)→奈良子峠(11:34)→明王峠(11:44/11:58)→底沢峠(12:09)→陣馬高原下(13:04)

 

Tg5_p9261374
和田峠駐車場駐車場からスタート

 

Bes_img_4905
直登の木階段を避け、巻き道から登る

 

Tg5_p9261376
登山ぽい

 

Tg5_p9261379
あっと言う間に陣馬山855m

 

Tg5_p9261387
明王峠で休憩

 

Bes_img_4926
底沢峠から主稜線を離れ、陣馬高原下に下山

 

2021年9月30日 (木)

秩父槍ヶ岳(2021年9月22日)

 両神山の南西、埼玉県秩父市の「秩父槍ヶ岳」に行くことになった。 秩父には「秩父御嶽山」という山もあって、こちらもなかなかの鋭鋒だったが、「秩父槍ヶ岳」は危険な山で、目的の山頂には立つことができずに引き返す結果になった。

 関越道練馬入口付近のコインパーキングに6時半に待ち合わせ、花園インターで下り、最近よく走る皆野寄居有料道路を通り、三峰口からさらに山奥に進んで行くと、トイレのある大きな駐車場に着いた。 

 

相原橋登山口(9:01)→野鳥の森終点ピーク(11:25)→撤退点(12:15/12:26)→コンサイス秩父槍ヶ岳(12:39/12:45)→野鳥の森終点ピーク巻道→相原橋登山口(14:53)

 

Tg5_p9221321
駐車場から秩父槍ヶ岳の頭が見えた

 

Yos_20210922_091438
相原沢に沿って登る

 

Yos_20210922_101652
沢を離れると急になってくる

 

Tg5_p9221333
急登

 

Yos_20210922_113350
稜線に出ると、急な登降が続き緊張する

 

Tg5_p9221345
危険なので、ここで撤退を決めた

 

Tg5_p9221352
帰りに、コンサイス秩父槍ヶ岳(途中の小ピーク)に立ち寄る

 

Tg5_p9221357
帰りもまた大変

 

Tg5_p9221361
ロープ場は2ヶ所あって安心

 

Tg5_p9221369
無事下山

 

2021年9月27日 (月)

六百山(2021年9月16日)

 上高地に入って最初に目に映るのは穂高連峰だが、目立たないが右側に荒々しく聳えている岩峰が六百山だ。 2019年の残雪期に前日上高地まで来て降雪撤退の経験があり、夏でも良いから早めに登っておきたいと思っていた。 今回、山岳ガイド氏のスケジュールと天気に恵まれて、登頂することができた。

 前日私は上高地のアルペンホテルに宿泊して、当日釜トンネルの開通時間に合わせて入山したガイド氏と、朝5時半に河童橋で待ち合わせた。

 

河童橋(5:34)→沢から尾根に乗る(8:43/8:53)→六百山(10:01/10:26)→河童橋(14:08)

 

Tg5_p9161273
梓川右岸から見た六百山。 写真右下のトイレの脇から登る

 

Tg5_p9161275
未明の穂高連峰

 

Tg5_p9161276
朝露のため、雨具上下を着て登山開始

 

Ari_dscn5312
急登

 

Tg5_p9161291
沢を離れ、斜め右に登り尾根に向かう

 

Ari_dscn5351
急登

 

Tg5_p9161300
赤テープが所々にある

 

Tg5_p9161302
前日泊まったアルペンホテルや西糸屋が真下に見える

 

Tg5_p9161304
穂高連峰

 

Tg5_p9161305
焼岳

 

Ari_dscn5411
六百山 2450m

 

Ari_dscn5429
トイレの脇に下山

 

2021年9月 6日 (月)

岩岳山(2021年8月30日)

 3日目は帰る日なので、午前中に簡単に登れる岩岳山(1290m)に行くことにした。 一般的には岩岳スキー場のゴンドラで山頂まで行くのだが、ペンションの建つどんぐり村の最上部の駐車場から行くことにした。  

 

どんぐり村林道終点(9:13)→岩岳山(10:45/11:30)→どんぐり村林道終点(12:40)

 

Tg5_p8301248
どんぐり村最上部の駐車場から山頂を目指す

 

Tg5_p8301250
山頂部の展望台から、八方尾根、五竜岳遠見尾根がよく見えた

 

Tg5_p8301253
ブランコ(ヤッホースウィング)には乗らなかった

 

Tg5_p8301257
岩岳山 三角点 1290m

 

2021年9月 5日 (日)

雨飾山(2021年8月29日)

 2日目は雨飾山。 6:15に白馬林ペンションを出発、途中コンビニに寄って、登山口である雨飾高原キャンプ場に予定通り7時に着いた。 荒菅沢で行われていた、テレビドラマ撮影隊の車両が多かったようで、駐車場は満杯だった。 一旦車道を100mほど戻り、小さな駐車スペースを見つけて駐車した。 

 

雨飾高原キャンプ場(7:10)→荒菅沢(9:00)→笹平(10:36)→雨飾山(11:10/11:47)→笹平(12:19)→荒菅沢(13:29/13:38)→雨飾高原キャンプ場(15:19)

 

Tg5_p8291160
登山口駐車場は満車 1150m

 

Tg5_p8291170
ブナの樹林帯をゆっくり登る

 

Tg5_p8291172
山頂が見えた

 

Tg5_p8291182
荒菅沢を過ぎると急登となる

 

Mic_2021_30829_210901
その後、笹平

 

Tg5_p8291184
あと少し

 

Tg5_p8291188
オヤマボクチ:火起こし時の火口(ほくち)として用いられたそうだ

 
Tg5_p8291197
山頂は360度の大展望

 

Tg5_p8291198
雨飾山 1963m

 

Tg5_p8291207
再び笹平を通って、往路を下山

 

2021年9月 4日 (土)

霧ヶ峰(八島ヶ原湿原~ゼブラ山~車山,2021年8月28日)

 前週に北アルプス薬師岳を計画していたが、生憎の天気予報のため、1週間ずらした土曜日から白馬林ペンションに2泊することになった。
 初日の28日は霧ヶ峰をトレッキングしてから白馬に向かうことになり、車山肩の駐車場に集合し、1台を置いて、八島ヶ原湿原の駐車場からスタートした。

 

八島ヶ原湿原P(10:46)→ゼブラ山(11:38/11:59)→北の耳(12:24)→南の耳(12:41)→車山(13:52/14:23)→車山肩(14:59)

 

Tg5_p8281112
八島ヶ原湿原 1630m、中央やや左に最高峰の車山 1925m

 

Tg5_p8281125
ゼブラ山(男女倉山)1776m

 

Tg5_p8281127
北の耳 1829m から 南の耳 1838m へ

  

Tg5_p8281135
南の耳 1838m

 

Tg5_p8281145
車山の気象レーダー

 

Mic_2021_10828_210901
車山神社 1925m

 

さあ、翌日は雨飾山だ。

 

より以前の記事一覧

2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

秩父・多摩

北アルプス・周辺

中央アルプス・八ヶ岳周辺

無料ブログはココログ