フォト

最近のトラックバック

2023年2月 1日 (水)

硫黄岳(2023年1月28日~29日)

 2015年4月のネパール遠征中に巨大地震に遭った登山仲間たちと、8年ぶりに再会し登山をすることになった。 その後エベレスト登頂者となった3名の他、マナスル、シシャパンマ、チョオユーなど8000m峰登頂者や、難しいと言われるデナリや、南極最高峰のビンソンマシフを登頂した者もいて、錚々たる面々が集まった。    28日:美濃戸口(10:17)→美濃戸山荘(11:37)→堰堤広場(12:40/12:5...

» 続きを読む

2023年1月31日 (火)

栃木百名山 岩山(2023年1月14日)

 岩登りのゲレンデとしても利用されている鹿沼の岩山に登ってきた。 今回はクライミングルートではなく、縦走ルートではあったが、久しぶりに岩を掴んで登る緊張感や、岩峰の上に立つ開放感を味わうことができた。      富士山公園駐車場(8:57)→日吉神社登山口(9:14)→三番岩(9:48)→二番岩(10:42)→岩山(11:16/11:50)→猿岩の上(12:02)→迂回路→猿岩の下(12:20)...

» 続きを読む

2023年1月18日 (水)

関東百名山 城峯山(2023年1月10日)

 年初から好天が続き、首都圏の低山はどこも条件が良かったので、迷った末に、2021年2月に林道工事で断念した城峯山に登ることにした。 一等三角点の山で、山頂の電波塔の中段展望台からは秩父の山々が一望できた。   男衾登山口駐車場(8:56)→城峯神社(10:01/10:21)→将門隠れ岩基部(10:30/10:34)→城峯山(10:48/10:59)→天狗岩(11:15)→城峯神社(11:23/1...

» 続きを読む

2023年1月13日 (金)

水ノ塔山(2023年1月5日)

 高峰温泉に宿泊して、翌日は水ノ塔山に登った。 前日の高峰山と比べると入山者は少ないと聞いていて、その通り、前夜降った新雪を踏んでの登山となった。    高峰温泉(8:47)→水ノ塔山(10:27/10:39)→高峰温泉(11:25)   登山開始   水ノ塔山が正面に見える   リボンを追って新雪を進む   次第に急な登りになる   山頂直下の岩場をひと登りすると、水ノ塔山2202m 登...

» 続きを読む

2023年1月12日 (木)

高峰山(2023年1月4日)

 高峰温泉に宿泊して、高峰山と水ノ塔山に登った。 高峰温泉は、無雪期には車で行けるが、今の時期には車坂峠から歩くか、高峰マウンテンパークスキー場の駐車場から雪上車で行くことになる。  スノーシューやアイゼンなど登山装備を持って車で出掛けた我々だが、スキー場から雪上車に乗せてもらうことにした。 13時の送迎で宿に着き、一旦部屋に入ったが、夕食まで時間があったので高峰山に登ることにした。   高峰マウ...

» 続きを読む

2022年12月31日 (土)

青梅丘陵ハイキング(2022年12月26日)

 奥多摩に降った雨が多摩川に集まり武蔵野台地へと流れ出るところに青梅市がある。 その青梅市の北側に青梅丘陵が広がっていて、ハイキングコースが整備されている。 今年最後の登山は、青梅丘陵ハイキングコース、青梅線の軍畑(いくさばた)駅から青梅駅までを歩いた。     軍畑駅(9:12)→榎峠登山口(9:40/9:45)→雷電山(10:17/10:34)→辛垣山(10:58)→マスガタ山(11:28)...

» 続きを読む

2022年12月17日 (土)

山梨百名山 源次郎岳(2022年12月12日)

 中央道 勝沼インターチェンジで高速道路を降り、20号線を少し東京方面に戻ってから、大菩薩へ向かうバス道路を北に向かった。 やまと天目山温泉を過ぎると、日陰の路面に雪が着くようになった。 慎重に車を走らせるとまもなく嵯峨塩鉱泉の立派な入口があり、向かい側に源次郎岳の登山口があった。 駐車場はなく、少し先に行ったところでUターンし、路肩に車を止めた。   嵯峨塩鉱泉登山口(9:26)→牛奥峠登山口(...

» 続きを読む

2022年12月10日 (土)

栃木百名山 大小山(2022年11月30日)

 栃木県の南部、佐野市と足利市の市境に位置する里山「大小山(だいしょうやま)」に登った。 大小山は最高峰の妙義山314mとその南にある大小山282mの総称のようで、妙義山を大小山と呼び、大小山を鷹巣山と呼ぶこともあるようだ。   練馬駅に7時に待ち合わせ、大泉インターから外環~東北道で佐野に行き、登山口の阿夫利神社駐車場には9時頃に着いた。 9時には雨が上がっている予報だったが、まだ霧雨が降ってい...

» 続きを読む

2022年11月18日 (金)

飯能の里山 大仁田山(2022年11月14日)

 奥多摩の棒ノ折山から、東京都と埼玉県の都県境を東に辿った辺りに位置する、大仁田山に登った。 狭山日高インターチェンジで高速道路を下り、飯能方面に向かう。 飯能河原付近から県道70号線で入間川沿いに上流に向かって走ると、大仁田山の北側の登山口に着く。 当てにしていた有料駐車場は河原遊び用で、この時期は閉まっていた。 少し先の「金錫寺」の参拝者駐車場に車を停め、お寺に了解をいただいてから登山を開始し...

» 続きを読む

2022年11月14日 (月)

ぐんま百名山 桧沢岳(2022年11月7日)

 桧沢岳(ひさわだけ)は、西上州の多くの山に見られる岩峰の山で、下仁田インターチェンジから県道45号線で南に30分ほど走ったところにある。 今までに登った鍬柄岳、大桁山、四ツ又山、鹿岳などを通り過ぎて、湯ノ沢トンネル手前で旧道に入ると、間もなく登山口に着いた。    下山後、湯ノ沢トンネル北側入口付近から桧沢岳を撮影      大森橋(9:10)→西のコル(10:32)→桧沢岳西峰(10:43/...

» 続きを読む

2022年11月 6日 (日)

大山(2022年10月31日)

 岡山から伯備線特急で2時間余り乗り、米子駅でレンタカーを借りて、大山寺の山門手前の「とやま旅館」にチェックインした。 故田部井淳子さんが大山に登る時はいつもこの宿を使ったそうで、登山客が多数泊まっていた。   宿の朝食は7時からだったので、弁当に代えてもらい、出発前に部屋で半分食べ、残りをザックに入れて出発した。   とやま旅館(6:58)→大山寺本堂(7:09)→大神山神社(7:25/7:31...

» 続きを読む

2022年11月 3日 (木)

藤野15名山 鷹取山(2022年10月22日,2座目)

 八重山から能岳を周回し下山した後、上野原の台湾食堂で昼食をとり、この日2座目の鷹取山に登るため、沢井住宅前の無料駐車場に向かった。   昼食を食べた台湾料理店     沢井住宅前駐車場(12:58)→上沢井(13:03)→稜線合流(13:28)→鷹取山(13:45/14:13)→稜線から下降点(14:30)→上沢井(14:53)→沢井住宅前駐車場(15:00)   沢井住宅前の無料駐車場から往復...

» 続きを読む

上野原の里山 八重山~能岳(2022年10月22日,1座目)

 相模原市藤野の友人宅に16時に集合する予定になっていたが、秋の行楽シーズンで、中央道は25Kmの渋滞予測が出ていた。 藤野まで行く折角の機会なので、渋滞の始まる前に自宅を出発して、里山2つ歩いてから友人宅に行くことにした。  自宅を6:20に出発したが、中央道の渋滞は始まっていて、通常より1時間ほど余計にかかって上野原インターチェンジに着いた。 まずは上野原中学校上の駐車場から八重山~能岳を縦走...

» 続きを読む

2022年10月28日 (金)

北アルプス 薬師岳山荘の食事

 薬師岳山荘は、北アルプス薬師岳の山頂直下の山小屋です。 薬師岳山頂まで約1時間の近さで、朝食前に御来光登山をする人もいるようです。 敢えて「北アルプス」と冠して書いたのは、南アルプス鳳凰三山にある薬師ヶ岳直下の薬師岳小屋との混同を防ぐためです。   2010年に改築された   受付   寝室(コロナ感染予防の為、シュラフorインナーシーツorシュラフカバー等の持参が必要)   2022年1...

» 続きを読む

2022年10月15日 (土)

薬師岳(2022年10月8日~9日)

  薬師岳は、かつて立山からの縦走登山を計画したが、雨天その他の理由で度々中止となった。 そのため、折立からの往復登山に切り替えて8月に計画したが、またしても雨天のため白山に転進せざるを得なかった。 今回も雨模様だったが、登頂日の朝は晴れる予報だったので、登山を強行することにした。  前日(7日)の朝、自宅を出発して、関越道~上信越道~北陸道と走って、富山のビジネスホテルに17時頃に着いた。 チェ...

» 続きを読む

2022年10月 3日 (月)

山梨百名山 鶏冠山(とさかやま,2022年9月30日)

 山梨百名山の中で「鶏冠山」と書く山は二座存在する。 一座は大菩薩の北側あって「けいかんざん」と読み、もう一座は甲武信ヶ岳の南側にあって「とさかやま」と読む。 いずれの山もその名の通りトサカのような山容で、前者は2014年と2018年に登っているが、後者は一般登山道が無いため登れないままでいた。   今回は、北アルプス・奥又白池から前穂北尾根を越えて涸沢へ行くバリエーションルートのガイド登山を2泊...

» 続きを読む

2022年9月18日 (日)

大台ヶ原 心・湯治館の食事

 心・湯治館は、大台ヶ原のバス停の向かいにある、大台ヶ原山に最も近い宿泊施設です。 トイレ付8畳の個室、2食付2名で25,600円でした。 相部屋は9,000円/人だそうです。     湯沸かしとお茶セットはありましたが、タオルやアメニティはありませんでした。   2022年9月11日の夕食(18:00) 右上は猪鍋です。   翌日の朝食(7:00)  ...

» 続きを読む

2022年9月14日 (水)

大台ヶ原山(2022年9月11日~12日)

 8月中旬からすっきり晴れる日がほとんどなく、山に行く日程と方面を悩む日が続いていたが、台風と低気圧と秋雨前線の間隙を縫って、1泊2日で大台ヶ原山へ行くことができた。 大台ヶ原山は三重県と奈良県の県境に位置し、京都駅から近鉄線特急で大和八木駅へ行き、さらにレンタカーを2時間運転して登山口に辿り着く。  タクシーで自宅を6時に出発し、大台ヶ原の登山口駐車場に着いたのは13時半だった。 天気が快晴だっ...

» 続きを読む

2022年9月 8日 (木)

山梨百名山 蛾ヶ岳(2022年9月4日)

 山梨百名山の蛾ヶ岳(ひるがたけ)は、御坂山地の西端に位置し、精進湖から西に登山道が延びている。 さらに山の西側には四尾連湖(しびれこ)があり、そこから整備された登山道で1時間半ほどで登ることができる。  短時間の登山だが、日曜日の渋滞を避けるため、自宅を6時半に出発した。 甲府南インターから約30分で四尾連湖の駐車場に着いた。 知る人が少ないマイナーな山ではあるが、四尾連湖のキャンプ場の利用客が...

» 続きを読む

2022年9月 3日 (土)

白山(2022年8月27日)

 秋雨前線の停滞が例年より早く、白馬会山組5人で予定していた北アルプス薬師岳山行が中止となった。 確保した4連休のうち、どれか1日でも登山ができないかを考えていたが、25日になって予報が少し好転し、薬師岳より少し遠いが白山の日帰り登山に変更して決行することにした。 メンバーは3人となり、マイカーを交代で運転して行くことになった。  登山口の「別当出合」までの道路は、「市ノ瀬」からマイカー規制が行わ...

» 続きを読む

«ぐんま百名山 稲含山(2022年8月9日)

2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

北関東・尾瀬・日光

秩父・多摩

南関東

北アルプス・周辺

中央アルプス・八ヶ岳周辺

無料ブログはココログ